今日は、アメックスが、ずっと、ずっと、ずーーーっと、継続しているSPGアメックスのお友達紹介キャンペーン(紹介を受けてSPGアメックスを発行し、最初の3か月で10万円を使えば、17,000スターポイントも貰えちゃうキャンペーン)の最後の日かもしれません。
これまで、継続に継続を重ねてきているので、今回も継続されると思いますが、昨日の「リーク」のこともあり、お友達紹介キャンペーンが終了する可能性は、以前よりかは高まったと言えそうです。
 
そして、昨日の「リーク」の記事にて、セレブ様から以下のようなご質問をいただきました。

いつも興味深く拝見しております。
プラチナ様の考えでは、現状SPGカードゴールドの恩恵はいつまで、何月まで継続とお考えですか?
それまで遊び倒そうと思います。
それが終われば終わりですね。。
国内のマリオットも少なく、だいぶ行き飽きてきたのでもういいかな。と(笑
プラチナチャレンジするほどの根性もありませんし。

 
そこで今回は、SPGアメックス効果がいつまで続くのか、考えてみたいと思います。
そして、その効果を考えていくと、さらにその先まで気になってしまったので、その先のことも考えてみました。
 




 
 

 1. 現在の状況の確認

 
現在のSPGアメックス効果は、こんな流れですね。

SPGアメックス発行
↓ ↓ ↓(①)
SPGゴールド
↓ ↓ ↓(②)
マリオットゴールド
↓ ↓ ↓(③)
無料朝食、ラウンジ利用、部屋のアップグレード

 
①から③のどこかの流れが遮断されれば、SPGアメックス効果はなくなるという理屈になります。
んで、昨日の記事のとおり、マリオットの新しいステータス基準はこんな感じとのことです。

シルバー:10泊
ゴールド:25泊
プラチナ:50泊
プラチナプレミア:75泊
アンバサダー:100泊&20,000USD

 
マリオットゴールドは、旧基準では50泊必要だったので、新基準ではかなりの格下げとなります。
だから、マリオットゴールドでは、無料朝食やラウンジ利用や部屋のアップグレードという「現在のSPGアメックス効果」はさほど期待できないでしょう。
ですが、これは、完全統合後の話です。
なので、問題は、「いつ完全統合されるのか。」ということです。




 

 2. いつ完全統合されるのか。

 
昨日の記事では、宿泊実績の統合は8月に行われる、と書かせてもらいましたが、これが完全統合を意味するのかどうかが、現時点では分かりません。
近いうちに発表される公式アナウンスを待つより他ないと思いますが、8月にはステータスについてまで新基準で判断することはないのではないかと思っています。(その意味では完全統合ではない。)
というのも、8月にステータス基準を新しいものにすると、2017年の宿泊実績でステータスを判断することになります。
そうすると、格上げされる人や格下げする人が出てくることになります。
例えば、2017年プラチナステータスの人(75泊)⇒プラチナプレミア(新基準で75泊)、となる一方で、SPGプラチナ(25滞在)の方は、50泊していない限り、マリオットゴールド(新基準で25泊)に落ちてしまいます。
 
なので、新基準の採用自体は、2019年2月からのステータスでしょう。
その前段階として、今回の「リーク」があったのではないでしょうか。
というのも、ステータス基準をいじる以上、2018年の年末にアナウンスするというのは、消費者側の対応が間に合わない(ステータスの更新をしようと思っている人が宿泊実績を積めず、ステータスの更新ができなくなってしまう)ので、その可能性はないだろう、と。
なので、ここで「リーク」をしておいて予測可能性を持たせて、近いうちに公式アナウンスをするのがビジネス上はよろしい、という判断だったのではないかと思っています。
そうすると、冒頭に出した③の流れは2018年内に切れることはないのではないか、と思っています。

SPGアメックス発行
↓ ↓ ↓(①)
SPGゴールド
↓ ↓ ↓(②)
マリオットゴールド
↓ ↓ ↓(③)
無料朝食、ラウンジ利用、部屋のアップグレード





 

 3. ①や②は!?

 
①については、SPGアメックスのうたい文句なので、ぶったぎることは難しいと思います。
場合によっては、「SPGゴールドがついているから3万円以上の年会費を払っているんだ!」と言われる可能性があり、アメックスが訴訟リスクを負うことになります。
アメックスの評判にも傷がつきます。
なので、①をぶったぎることもないでしょう。
 
問題は、②です。
②はマリオットの一存で決めてしまえる事項であり、マリオットの経営判断で何とでもできてしまうことです。
そもそも、SPGゴールド⇒マリオットゴールド、という流れ自体が異常にお得だったため、ここまで日本でSPGアメックスが流行したわけですが、マリオットが②のようにした理由は、SPGの顧客を引き継ぐことが目的です。
その目的のために、超絶お得プランを期間限定でSPGの顧客に提供してきたということですね。
そうすると、マリオットが暦年の途中で②の流れをぶったぎると、せっかく引き継いだ顧客が他社に流出する可能性が出てきますし、マリオット自体の悪評にもつながりかねません。
②の流れがあること自体がマリオットの名を浸透させる良い材料(ブロガーによる宣伝という広告効果)となっていると私は考えています。
なので、②の流れもぶったぎらないだろうと思います。

こういうのって、空白期間が少しでもあると、顧客って逃げてしまうものなんですよね。なので、ステータスの空白期間をわざわざ作るようなことはしないと思います。

 
そうすると、結論として、2018年内は(正確に言うと、2019年2月までは)、SPGアメックス効果を享受できるのではないかと思います。
もっとも、個々のホテルごとに、この事件のように、ベネフィットを削減するということはありえますよ。
ですが、グローバルにベネフィットを削減するかのようなぶったぎりはしてこないでしょう。
(ある意味で願望が込められていますが、、、(苦笑))
 




 

 4. SPGアメックスの発行について

 
お友達紹介キャンペーンは、とりあえずのところ今日で最後です。
もちろん継続される可能性はあると思います。
また、この記事で書いたSPGアメックス効果の存続期間は、あくまで私の予想です。
予想が外れることは多々あります。
2018年8月にSPGアメックス効果が終了するという事態もないわけではありません。
なので、こちらの記事で書いている中級者編までのメリットを享受するだけを目的にSPGアメックスを発行することは私はオススメしません。


 
ですが、プラチナチャレンジをするのであれば別です。
約2年間のプラチナステータスは約束されていると言っても過言ではないからです。
なので、SPGアメックスを発行するのであれば、2020年2月までプラチナステータスを満喫できるプラチナチャレンジをして下さい!
そうでないと、「SPGアメックスを発行したのに、思うようなベネフィットを受けられなかった。」という事態になりかねませんので。
 
17,000スターポイントを目的としたり、日常使いでスターポイントが貯まったり、ということもメリットの一つですが、そのためだけにSPGアメックスを発行するのは危険でしょう。
そこを目的とするのであれば、いずれ発行されるであろうマリオットアメックスまで待ったほうがいいです。
というのも、マリオットアメックスの登場の際には、大きなキャンペーンが打たれると思われるからです。

上の記事でも書いていますが、おそらく、SPGアメックス保有者はマリオットアメックスに自動移行となります。
そうなれば、マリオットアメックスの入会キャンペーンには乗れません。
こういうのって、最初の入会キャンペーンが一番大きなキャンペーンになることが多いんですよね☆
現にSPGアメックスの新設当時は、数万スターポイントの入会キャンペーンが行われていたようです。
 
なので、私は、プラチナチャレンジをすぐにでも始める方だけにSPGアメックスの発行をオススメしています。
 
それに加えて、スターポイントが欲しい、というのはありです。
しかし、現状では、あくまでプラチナチャレンジが主目的と位置付けるべきでしょう。
 
プラチナステータスを持つと、
 
こんな部屋にアップグレードされたり、

 
こんなすごいラウンジを使えたり、

 
メリットはいっぱいです!
 
私がSPGアメックス以外のクレジットカードのことをほとんど話題にしないのも、SPGアメックスを発行してプラチナチャレンジしたをした場合のお得さを考えると、メリットがあまり感じられないためです。
そのぐらい、SPGアメックスからのプラチナチャレンジというのは、美味しいキャンペーンなのです。
 




 

 5. 新基準でのプラチナステータスについて

 
旧基準では75泊必要だったプラチナステータスは、新基準では50泊となっています。
問題は、新プラチナステータスがどれぐらいのベネフィットを受けられるか、ということです。
ここも予想となってしまいますが、旧プラチナステータスと変わらないと予想します。
つまり、無料朝食もラウンジ利用もアップグレードも付いてくるでしょう。
 
 
というのも、旧基準では、マリオットゴールド(50泊)とマリオットプラチナ(75泊)はほとんど差がないといわれていました。
新プラチナステータスは旧ゴールドステータスと同じ泊数なので、ここは変えないであろう、と予想しているわけです。
 
ついでにいうと、SPGプラチナも50泊で取得できましたからね。
そういう意味で、新プラチナステータスが50泊で取得できるというのは、(無料朝食やラウンジ利用やアップグレードが従来通りであれば)ビジネス的に妥当な判断だと思います。
 
そして、当然、プラチナチャレンジで得たプラチナステータスは、新プラチナステータスとして引き継がれるでしょう。
なので、現時点でもプラチナチャレンジをすることは非常に意味のあることです。
SPGアメックスの発行は、プラチナチャレンジを考えている方向けというのが、現時点での私の考えです。
 




 

 6. 念のため、プラチナチャレンジのデメリットも

 
海外のサイトでは、プラチナステータスであってもラウンジが使えないんじゃないか、などという「噂」が流れています。
この真偽は、現時点では分かりません。
なので、新プラチナステータスではラウンジが使えないことになるというリスクはあります。
 
ですが、私はそれでもプラチナチャレンジをする価値はあると思っています。
なぜかというと、プラチナプレミアチャレンジに期待するからです。
現在の最上級ステータスであるプラチナステータスについてプラチナチャレンジがある以上、新基準でのプラチナプレミアへのチャレンジも非公開で実施されるのではないか、と読んでいます。
そして、現在のプラチナチャレンジはマリオットゴールドを持っていることがチャレンジの前提条件でした。
そうなると、プラチナプレミアチャレンジが行われる場合には、プラチナステータスを持っていることが前提条件となる可能性が高いです。
 
その時に備えて、プラチナチャレンジをし、プラチナステータスを持つというのは意味があることだと思います。
少なくとも、陸マイラーのわらしべ長者的な夢があります。
 
今年から大谷翔平選手は、アメリカの大リーグへ挑戦し、日本の大谷から世界の大谷へと羽ばたきました。
これも、アメリカの大リーグへ挑戦したからこそです。
もちろん、成功する保証などどこにもありません。
現時点でも賞賛の嵐ですが、まだまだ夢の実現の道半ばです。
これから、本当の意味での夢を掴んでくれるでしょう。
 
プラチナプレミアチャレンジが実施されるかどうかは分かりませんが、プラチナチャレンジに挑戦しプラチナステータスを持っていないと、夢のあるプラチナプレミアチャレンジに挑戦することすらできません。
そういう意味でも、今、プラチナチャレンジをする意味というのは十分にあるかと思います。
 




 

 7. まとめ

 
なので、私の予想としては、SPGアメックス効果は2019年2月までは続きます。
(予想が外れたらゴメンなさい。いつもどおり、批判は受け入れますが、責任は取れません!)
 
また、SPGアメックスを、今日、すぐにでも発行したほうが良い方は、「プラチナチャレンジをする!」という固い決意を持っている方です。
そして、プラチナプレミアチャレンジという夢を追いかけたいという方です。
 
まだ発行していない方は、こちらからお問い合わせ下さい!
今日で、お友達紹介キャンペーンが終わるかもしれません!
 


(追記:現在のキャンペーンでは、最初の3か月で10万円使うと12,000ポイントとなっております。)