2018年のゴールデンウィークにベトナムにあるJWマリオットフーコックエメラルドベイリゾート&スパに行ってきました。

もちろん、タイトルにあるように、トラベルパッケージを使ってます。

私が予約した時点(2017年のマリオットのカテゴリー)では、カテゴリー5だったので追加ポイントを使用せずに予約することができ、めちゃくちゃお得に滞在できました。(とは言っても、7泊フルで宿泊しているわけではなく、日程の都合により4泊だけです。後の3泊分は現地で放棄しています。)

 

2018年ゴールデンウィークの時点でもカテゴリー6ですから、30,000マリオットポイント(=10,000スターポイント)を足せば予約できるので、お得であることに変わりはありません。

そんなに少ないポイント数で泊まれるにもかかわらず、最高のリゾートホテルなので、読者の皆様がより一層楽しめるように、大きなことから、小さなことまでまとめてみました。

少しでも旅の参考になれば幸いです。

 

(追記)

フーコックは5月から10月は雨季となります。

幸い、私の滞在中は1日に1回、スコールがあるかないか、というぐらいでしたが、日本の夏に近くにつれ、天気は荒れることになると思います。

 

1.行き方

 

まず、そもそもの場所なのですが、こんなところにあります。

島なので、海を渡る必要があります。

 

行くのは、もちろん、船で、、、ではなくて、飛行機です。

飛行機で行くとしても、日本からの直行便はないと思った方が良いです。

というのも、2018年のゴールデンウィークには、ベトナム航空が臨時直行便を何本か出したみたいですが、それはあてにならないからです。

なので、経由便で行くことを前提に、行き方を書きます。

 

問題は、どこを経由するかです。

結論から言うと、ホーチミン(SGN)経由が良いかと思います。

ハノイ(HAN)とかからもフーコック(PQC)まで飛行機が飛んでいますが、いかんせん便数が少ないです。

(フーコック国際空港で撮影した一日の出発便の状況は以下のとおりです。)

※バンコクエアウェイズ(PG)がバンコク(BANGKOK)発着便を出していたり、中国南方航空(CZ)が広州(GUANZHOU)発着便を出していたりするのが興味深かったです。

 

ここは、遅延欠航した際の振替のことを考えると、ホーチミン経由一択と考えて良さそうです。

 

次に、できればホーチミンで1泊以上した方が良いかと思います。

なぜかと言うと、ホーチミン(SGN)からフーコック(PQC)へ行くためには、最安で行く場合、ジェットスターやベトジェットというLCCを使うことになります。(SGN-PQCの往復で家族3人で約2万円でした。)

そして、便数の多さを考えればベトジェットを選択することになるかと思います。

ところが、このベトジェットは結構、遅延欠航が多いみたいです。(ある調査によると、遅延率はなんと40%!(笑))

実際に私は、3日前に出発時間が20分早まる連絡が来たにもかかわらず、実際には1時間のディレイでした。

予約状況次第では、間引き運航とかも平気でやってくると思うので、要注意です。

なので、時間に余裕を持っていた方が良いという趣旨です。

 

また、ホーチミン自体楽しい街ですし、マリオット系列ホテルは3つ(シェラトン、ルメリディアン、ルネッサンス)あり、どのホテルも快適です。(これら3つのホテルについての比較の記事も近いうちにアップします。)

空港から市内もタクシーで30分程度で100,000VNDから200,000VND(約500円から1000円)で移動することができます。

 

なので、時間が許せば、ホーチミンで1泊以上しましょう!

 

さて、航空会社をどうするか(=どこのマイルを使うか)は、色々な選択肢があります。

JAL派、ANA派に分けてご説明致します。

 

 

 

1-1.JAL派の方

 

JAL派の方は、JALマイルで発券する他、BAマイルもありだと思います。

BAマイルなら、エコノミーが12,500マイル、ビジネスが37,500マイルで、片道発券できます。

実際の私の発券例はこちらの記事をご覧下さい。

 

東京近郊以外にお住まいの方の場合は、キャセイで香港経由なんていうのもありかもしれません。

 

もっとも、これらで行けるのは、ホーチミンまでなので、ホーチミンからフーコックまでは別切りの航空券を用意することになります。(私の持っているワンワールド系のマイル(JL、AA、BA、AS)でPQCに入れるのは、JALマイルでのPG便だけでした。)

先ほど出てきたベトジェットやジェットスターの他に、ベトナム航空という選択肢もあります。(ただ、ベトナム航空は高いです。ベトジェットだと、夫婦二人と膝の上一人で、往復合計約20,000円でした。)

 

JALサイトでの検索ではフーコック行きは出て来ないので、有償航空券であっても別切りになりそうです。

(電話発券なら可能かもしれませんが、確かめていません。)

こちらのニュースのとおり、2018年内にはJALとベトジェットのコードシェアが開始されそうですが。

 

 

1-2.ANA派の方

 

ANA派の方は、若干選択肢が広いです。

というのも、ANAマイルだと、ANA運航便の他、ベトナム航空運航便も発券できるからです。

(大阪、名古屋、福岡の各都市からホーチミンへのベトナム航空の直行便が運航されているので、東京近郊以外の在住者にとっては、有力なマイルの使い方です。)

有償航空券でも、ANAサイトでフーコック行きが出てきます。

なので、ANA派の方の選択肢としては、以下のとおりとなります。

 

①ANAマイルやUAマイルで、ANA運航便でホーチミンまで行き、ホーチミンとフーコックの往復は別切りとする。

②ANAマイルで、ベトナム航空運航便を発券し、一冊の航空券(例:TYO-SGN-PQC-SGN-TYO)で日本とフーコックを往復する。(往路か復路どちらかでホーチミン等でのストップオーバーが可能)

③有償航空券を発券する。

 

これらを見ると、一冊の航空券をマイルで発券できる②ベトナム航空運航便は魅力的です。

ですが、ベトナム航空運航便の特典航空券の開放時期は通常とはかなり異なるので、その意味で上級者向けです。(私自身トライしましたが、断念しました。)

ここは記事にすると長くなるので割愛します。

 

 

1-3.フーコック国際空港(PQC)に到着後の経路

 

車以外に手段はありません。

所要時間は約30分ほどです。

 

そして、ほとんどの方はタクシーを使うことになると思いますが、片道で220,000VND(約1,100円)ぐらいなので、遠慮せずにタクシーを使っちゃいましょう!

乗る時に交渉すれば、200,000VNDまでは落ちますので、プラチナハンターの読者の皆様(=コジコジ大好きな皆様)は、是非、値切って下さい(笑)

 

念のためですが、レンタカーという選択肢もあるようです。

しかし、JWマリオットフーコック自体が素晴らしいリゾートなので、JWマリオットの中で完結するということで十分です。

なので、レンタカーは不要でしょう。

 

空港から見てJWマリオットフーコックの正反対にあるこちらの施設に興味がある方は、レンタカーでもいいかもしれません。

 

いずれにしても道は単純なので、迷うことはないでしょう。

ただ、ところどころ舗装されていない道路を走らざるをえない箇所もあるかと思います。

その辺は、東南アジア基準で考えて下さい。

 

 

2.持ち物

 

さてさて、飛行機が確定したところで、次は持ち物です。

JWマリオットフーコックから外に出ないという前提を取ると、持ち物はかなり重要です。

(まぁ、外に出たとしても、たいしたものはございませんが、、、)

 

2-1.ホテル内で調達できる物

 

まずは、JWマリオット内で調達できるものを確認しておきます。

①ペットボトルの水→いくらでも無料でもらえます。1日2本までなどというルールはありませんでした。

②お酒→ビールは一杯350円ぐらいから、その他のお酒は一杯500円ぐらいからで手に入りますが、種類は多くありません。ホーチミンで買っておくのが一番だと思います。フーコックでも手に入るかもしれないので、往路のタクシーの運転手さんに地元のスーパーに寄ってもらうのがいいでしょう。(すいません。試していないので、地元のスーパーの品揃えは分かりません。)

③日本食→朝食ビュッフェの時に、美味しい日本食が出てくるので、日本食が恋しくなることはないです。なので、梅干しとか漬物は不要です。

④虫除けスプレー→ホテル内で売っていますが、品質は分かりません。なので、日本から持っていった方が良いです。

 

2-2.ホテル内での調達が難しい物

 

次に、調達が難しい物を上げておきます。

①お菓子→正直言って、JWマリオットフーコックでは、やることが多い訳ではありません。暇な時に食べるお菓子は日本から持って行った方がいいと思います。

②ハードリカー→ウィスキーやブランデーがお好きな方で、銘柄とかにこだわる方は、日本を出国する時に免税店で購入されたほうが良いと思います。(プラチナアメニティなどホテル側のサービスで毎日出てくるお菓子がウィスキーやブランデーにぴったりと思ったので。)

③携帯用扇風機→南国なので、エアコンが効いていない施設は、やはり暑いです。こんな感じの扇風機を持っていくと役に立つと思います。

2-3.番外編

 

カップラーメン系は持って行った方が良いと思います。

体調が悪い時などの非常食になりますし、そうでなくても、海辺で食べるカップラーメンは最高に旨いです(笑)

私はペヤングを持って行ったのですが、こんなにペヤングが旨いと思ったことはありませんでした!(←これ、マジです。)

 

ホテルの外に出ても、日本人が満足するような食事にはありつけないと思います。

なので、その点も踏まえて、持ち物を考えるのが良いでしょう。

 

3.ホテルにチェックイン

 

 

プラチナハンターの読者の方は、きっと皆様プラチナチャレンジをして、プラチナ(プレミア)ステータスを持っていると思うので、それを前提に話をしますね。

 

まずは、部屋のアップグレードですが、空いていれば1泊10万円ぐらいするスイートルームにアップグレードされるようです。

ただし、その一歩手前の部屋で十分です。

というのも、スイートルームだと海やプールに部屋から出れる部屋がない(と思われる)のに対して、スイートルーム一歩手前の部屋(私が実際に泊まった部屋)は、部屋の目の前がプールと海で部屋から直接海に出られるので最高のロケーションだからです。

最初の5泊は非スイート、最後の2泊はスイート、なんていうことも空き状況や交渉次第ではやってくれるみたいなので、交渉力に自信がある方はやってみて下さい。

 

スイートではない場合、キングサイズのベッドか、ダブルベッドのツインか、どちらかになるようです。

私のように、夫婦と0歳児の3人の場合、キングサイズのベッドで十分でした。

しかし、子供が大きかったり、子供が複数である場合、キングサイズのベッドではきついでしょうし、ダブルベッドでも大変だと思います。

なので、そのような場合には、部屋を2つに分けたほうが良いでしょう。




次に、ラウンジや朝食についてです。

まず、JWマリオットフーコックにはラウンジはなくなりました。(2017年まではあったそうです。BARで飲み放題だったとか。羨まし過ぎます。)

また、朝食は無料ではないです。(これまた、2017年までは朝食も完全無料だったそうです。)

プラチナ会員の場合は、朝食が50%オフです。

一人780,000VND(約4,000円)なので、50%オフで一人約2,000円ということになります。

 

ちなみに、子供と扱われる場合は、朝食代は請求されません。

ただ、何歳までが子供と扱われるか正確な情報を持ち合わせていませんし、今後のルールが変わる可能性があるので、事前に確認をするようにして下さい。

 

んでなんで、このことがチェックインに影響するかというと、チェックインの時に、お得なバウチャーを買うように勧められるからです。

具体的には、滞在期間中にホテル内の色々な施設(レストランやバー、マッサージやお土産など)で使えるバウチャーがお得に買えるのです。

5,000,000VND→5,500,000VND(10%お得)

10,000,000VND→11,500,000VND(15%お得)

15,000,000VND→18,000,000VND(20%お得)

20,000,000VND→25,000,000VND(25%お得)

 

これをチェックインの時に決めなくてはなりません。

もちろん、払い戻しはできません。

コジコジ野郎としては、ここが最初の難関です。

 

一応、ラフに計算すると、一日あたりこんな感じです。(一日あたりの合計で3,000,000VNDから4,000,000VNDぐらい)

朝食:2人で780,000VND

お酒:4杯で約400,000VND

昼食:2人で約1,000,000VND

夕食:2人で約1,500,000VND

 

飲食だけでこんなもんです。

しかし、ホテル内で動き回る訳ではないですし、朝食ビュッフェは10:30までやっているので、昼食抜きというのは十分アリです。(実際、私達家族は昼食はほとんど食べませんでした。)

夜は、日本から持ってきたお菓子などでパーティーというのも悪くないので、この辺りを色々考えながら決めれば良いかと思います。

ただし、朝食の50%引き以外は、プラチナ特典の20%引きが適用されるものがほとんどです。(これがあるから、また計算が難しくなります。)

 

何が言いたいかというと、チェックインの時に、いきなりこの話を出されても困るっちゅうねん!ということです。

チェックインの時からお金の計算をしなくちゃならんから、せっかくのリゾートの雰囲気が壊されるんすよ!

日本のマリオットデスクの方々、分かっているんだろうから、トラベルパッケージの予約の際にきちんと教えて下さい!(あるいは、事前に宿泊者にJWマリオットフーコックからメールを入れるようにさせるとか、他に方法はいくらでもあるはずです。)

ということで、皆様に同じ思いをして欲しくないから、わざわざこんだけのスペースを割いて文章化した次第です!(笑)

 

私の場合はどうだったかというと、最低限のコジコジプラン(後で出てきます。)で十分でした(笑)

朝食4日分、ナイトマーケット、RED RAMでのディナーでちょうど5,500,000VNDぐらいでした!ちゃんと計算してやったぜ!と鼻高々のつもりだったのですが、チェックアウトの時に請求書を見ると、

 

4,700,000VND

 

ぜんっぜん、使い切れてないジャーン!(笑)

 

原因は何かと言うと、ナイトマーケットに使った費用はバウチャーの適用なしということらしいんです。(適用があったとしても、使い切れていないんですけどね。)

 

で、こういう時にどうすれば良いかと言うと、FRENCH&CO.というコーヒーショップが朝食会場の横にあるので、そこでお土産的な物を買えばいいのです。

まぁ、ホーチミンで買うよりも若干割高ですけど、10%以上のボーナスが付いている上に20%引きなので、それほど割高とは感じないと思います。

 

ついでに書くと、チェックアウトの時の請求書はよく見て下さいね。

朝食(50%off)、その他飲食やお土産(20%off)、SPA(不明)、ナイトマーケット(適用なし)、とプラチナ特典の有無や割引率が異なるので要チェックです。

 




 

分からんから決めてくれ!という人のために書いとくと、私のように4泊の場合はこんな感じでいいかと思います。(7泊の場合は2倍にして下さいな。)

最低限で良いコジコジプラン:5,000,000VND→5,500,000VND利用可能

普通に楽しむ一般人のプラン:10,000,000VND→11,500,000VND利用可能

VIPな社長様御一行のプラン:15,000,000VND→18,000,000VND利用可能

 

プラチナアメニティですが、500マリオットポイントか飲物&スナックのいずれかから選べます。

ここは飲物&スナックを選んだほうがお得です。

私の場合はこんな感じでビール4本とおつまみをもらえました。

ホテル内では、ビール1本が350円ぐらいなので、4本で1400円ぐらいです。

これに加えておつまみをもらえるので、マリオットポイントをもらうよりも、飲物&スナックのほうがお得だと思います。

 

他にも細かい特典はありますが、ここで書いたとしても、変更の可能性があるので書きません!

滞在の1か月ぐらい前になったら、マリオットデスクかJWマリオットフーコックのコンシェルジュにも確かめて下さいな。(まぁ、まともな回答は返ってきやしませんが(笑))

 

 

4.やっとリゾートの話!

 

前置き長いねん!なんて思わないで下さいね。

コジコジのためには、事前準備は大切です。

金がありゃ、アメプラデスクにぜーんぶ丸投げして、飛行機はビジネスクラスで行って、ホテルで毎日マッサージ受けて、大枚はたきゃいいんですから。

それが一般庶民にはできないから、こういう記事を書いているんです!(笑)

 

 

んで、肝心のホテル内ですが、

 

最高でーす!

 

もう、何も考える必要はありません。

ただただ、ダラーッとして、プールや海に入って、お菓子ボリボリ食べて、酒をグビグビ飲んで、広いベッドでグーグー寝れば幸せな空間です。

何もしない贅沢というのは、JWマリオットフーコックの代名詞です。

マジ何も考えなくていいから。

 

、、、で終わりたいところなのですが、それじゃ、ブログにならんので、ちゃんと書きまーす!

 

 

4-1.アクティビティ

 

スケジュール

こんな感じの時間割をいただけます。

JWマリオットフーコックは大学をイメージしているので、時間割風にしてスケジュールを教えてくれるのです。

 

ヨガとか、地元の工芸品製作とか、ホテル外に出てみるツアーとか、そんな感じですね☆

ちなみに、私はこれらには全く手をつけませんでした。

 

木曜日の夜

VIPな方は、木曜日の夜に隠れディナーに招待されるとかされないとか。

選別基準は分からんので、あまり期待しないで下さいな。

もちろん、コジコジしていると呼ばれませんよ(笑)

 

金曜日の夜

金曜日の夜は、ナイトマーケットが開催されます。

地元の人とスタッフがチームを組んで、ローカルフードを振舞ってくれるという感じです。

もちろん有料ですが、写真右の串が一本100円ぐらいの相場感ですので、地元の方へのドネーションだと思って買いまくって食べまくって下さいな。

これは是非体験して欲しいので、金曜日の夜を旅程に組み込んで下さいね☆

 

SPA

コジコジが趣味のプラチナハンター夫妻はホテル内のSPAは手が出せないので(笑)、実際には体験していません。

なので、部屋の中にあったお得プランのキャプチャを参考価格として載せときます。

 

これは2人からのプランとなりますが、最安値で、90分のSPAが一人あたり1,500,000VND(約7,500円)です。

右下の高いやつでも、4時間30分で4,000,000VND(約20,000円)なので、ありと言えばありですね。(ていうか、最上級のSPAがこの値段でできるなら、全然あり!)

ここからプラチナ特典で20%引きになるかどうかは未確認です。

興味がある方は、ホテルで聞いてみて下さいな。

 

 

4-2.プールや海

 

プールも海も暖かいです。

浅い子供用プールもありますし、ジャグジーみたいなものまであります。

浮き輪みたいなものも、プールの上に転がっているので、わざわざ日本から持っていく必要はなさそうです。

 

海は遠浅なので、子供でも安心です。

現地の人を大量に投入してゴミの回収をしているので、ビーチもめちゃくちゃ綺麗です。

巻き網みたいなもので海中のゴミを攫っています。(上左の写真)

ビーチの広さを考えると気の遠くなる作業です。(上右の写真)

 

ほんで、ゴミを回収しました。(下左の写真)

「お疲れ様!」と声をかけたくなったのですが、なんと、今度は今の道を戻り始め再度のゴミ回収をされていました!(下右の写真)

現地の方々のこういう苦労があってはじめて、綺麗なビーチ、エメラルドの海、素晴らしいリゾートが成り立っているのですね☆

ここから見ても分かるように、ホテルの気遣い、従業員教育は素晴らしいものがあります。

 

海やプールを上がったところには、こんな感じのシャレオツなシャワーもあるので、めっちゃ快適に過ごせます。

もちろん、近くにはタオルやお水が置いてあります。

 

 

4-3.子供用施設

 

プールの他にキッズスペースとかもあるので、まぁ困らないと思います。

実際に子供連れの宿泊者はかなり多いので、ホテル側もかなり気を使っているのが分かります。

ぷらちなはまだ3か月なので、キッズクラブは使いませんでしたので、使った感想とかはありません。

まぁ、でも広かったですし、おもちゃもそこそこあったので悪くないのではないでしょか。

 

 

4-4.レストラン

 

レストランはいくつかあるのですが、私たちが利用したのは、以下の2つです。

 

Tempus Fugit(朝食会場)

 

今まで食べた朝食ビュッフェの中で、一番と言っても過言ではありません。

和洋中、全てが揃っていて、全てが旨い!

(一部ハッカク臭がキツイものがあったぐらいです。それがなければ、100点満点です。)

 

いくら言葉で語っても、というところがあるので、写真を見て下さいな。

まじで旨いから。

なーんにも心配する必要ないです。

 

夕食のビュッフェもここで行われます。

まぁ、毎夜お菓子パーティーやっていたので、プラチナハンター家は行ってやしませんが(笑)

料金は、いくらでしたっけ??(笑)

 

 

Red Ram Beach Grill(シーフードレストラン)

 

私達は最後の夜に、残りのバウチャーが1万円弱残っていたので、シーフードレストランに行きました。

夜は混み合うという情報を得たので、あらかじめ予約しておきました。

すると、こんな素晴らしい席を予約してくれていました。

テンションあげあげです!

 

食材も新鮮に見えます!

 

【注文したメニュー】

ホタテのサラダ

 

ロブスターの丸焼き

 

タコの唐揚げ

 

イカ焼き

 

これらに、ビールと赤ワインを一杯ずつで(プラチナ特典の20%引きを適用して)約1,600,000VND(約8,000円)でした。

「なんか、日本の居酒屋と変わらないじゃん!」という声が聞こえてきますが、日本の居酒屋と比べ物にならないぐらい美味しかったです。

おそらく食材が新鮮だからだと思います。

なので、コジコジプランを選択したとしても、1回はご利用下さいませ!

 

 

4-5.BAR(Department of Chemstry)

 

17:00から開店します。

こんな感じで、化学教室をイメージしたBARになっています。

 

私の時には、プラチナ特典で、2杯無料券が付いてきたので、それを利用させてもらいました。(左がプラチナ特典のメニュー、右がプラチナ特典でいただいたカクテル)

 

また、19:00まではハッピーアワーということで、1杯分で2杯もらえます。

(ハッピーアワーのメニューです。)

 

ただ、ご覧のとおり外気を入れているので、エアコンは効いていません。

夜なのでそんなにではないですが、暑いのが苦手な方は長居できないかもしれません。

(私の場合は、ぷらちな(3か月児)がいたこともあり、長居はしませんでした。)

 

こういう時に携帯用の扇風機を持っていくといいかもしれませんね☆

4-6.WIFI環境

 

WIFI環境は抜群に良いです。

なので、現地でSIMを購入する必要なんて全くありません!

フーコックにいる間に、何本の記事を書いて、何本アップしたんだろうってぐらい、WIFI環境は良いです。

 

 

4-7.泊まった部屋の様子

 

これが一番大事。

プラチナ特典で4段階アップグレードしてくれました。

(左上の部屋から右上の部屋へアップグレード)

 

さっき書いたように、スイートの一歩手前です。

予約は左上のエメラルドベイビューのシービュー(2階より上で、直接部屋からプールや海に出れない部屋)なのに対して、実際は右上のエメラルドベイフロントのシーフロント(1階で、直接部屋からプールや海に出れる部屋)にしていただけました。

だいたい、朝食代を抜かすと一泊4万円ぐらいですかね。

私は日程の都合上、4泊しかしませんでしたが、7泊なら28万円分の部屋です。

トラベルパッケージがいかにお得か分かりますね。

 

部屋はこんな感じでした。

天井の高さ、内装の豪華さには目を見張るものがあります。

 

水回りはこんな感じ☆

洗面台は2つありますし、とにかく広いです。

 

最近流行りの真上から降り注ぐシャワーヘッドですが、私の経験上、最も高い位置にありました。

っていうか、部屋自体の天井高がすごいんすよ。

もう一回言いますが、部屋の作りはメチャクチャ贅沢です。

 

 

4-8.水道水

 

ホーチミンのホテルの水道水は鉄分豊富な水で、あまり体に優しくない水でした。

しかし、フーコック島の水が良いのか、JWマリオットフーコックが良い浄水器を使っているのか分かりませんが、鉄分は全く気になりませんでした。

なので、水道水は、他の東南アジア諸国ほど気にしなくて良いと思います。

 

むしろ、ぷらちな(3か月児)の肌がつるつるになっていくのがとても印象的でした。

なので、敏感肌の方にとっても、水道水の質の心配は不要でしょう。

 

 

4-9.スタッフ

 

スタッフに対する教育ですが、とても良く指導されていると思います。

(一部、不慣れなスタッフはいますが。)

 

ジェネラルマネージャーと思われる女性は、滞在中に何回か話しかけてくれましたが、とてもフレンドリーなヨーロピアンでした。

話しかけていただいた時に、こちらの記事のことも簡単に伝えてみました。

 

 

5.今後の展望

 

日本がゴールデンウィークだからということもありますが、かなりの宿泊者がいました。

ですが、日本人だけでなく、色んな人種の方がいらっしゃいました。

なので、JWマリオットフーコックの評価は上がっているのだと思います。

 

これはこれで良いのですが、おそらく、2018年8月(あるいは2019年2月)のカテゴリー変更の際に、さらにカテゴリーは上がると思います。

なので、予約自体は2018年7月までにしておいた方が良いと思います。

 

 

一般的にうるさいと言われているお国出身の方々も相当数いました。

しかし、金額が金額だけに、振る舞いをわきまえている方々と見受けられ、うるささは感じませんでしたが、モルディブと同じくいずれ荒れてくると思います。

カテゴリーの問題もさることながら、こういう事情もあるでしょうから、良いリゾートは早いうちに体験しておいたほうがいいですね。

 

この辺の記事も参考にして下さいな☆

 

 

それと、今後、マリオットを使うならプラチナチャレンジをしておいた方が良いということです。

たった9滞在、15万円で約1年半のVIP待遇を受けられるのですから、悪くない話です。

JWマリオットフーコックに泊まるなら、アップグレードや割引を考えれば、プラチナチャレンジの費用は無料宿泊券の7泊で元を取れると言っても過言ではありません。

プラチナチャレンジの現状は、こちらをご覧下さい。

 

 

本記事について、ご質問がございましたら、遠慮なくコメント欄からどうぞ!