タイトルのとおりです。

トラベルパッケージが超絶大改悪です!

こちらの記事で、改悪されるからね、と書いていましたが、ここまで大改悪されるとは。。。

 

かなりの感じでトホホです。

まぁ、私のブログ見てくれている人は、ほとんどがトラベルパッケージに移行済みだとは思いますが、これから移行しようとしている人にとっては、とっても残念すぎる結果となりました。




 

1.現プログラムにおけるトラベルパッケージ

 

こちらの記事をご覧下さい。

 

一応、単価的なことを書くと、トラベルパッケージを使えば、マリオットポイント換算で、1マリオットポイントを1円以上で使うことが余裕でできちゃうんです。

こちらの記事みたく、フーコックのJWマリオットで使うと、1マリオットポイントが2円にも3円にもなるという、超絶お得なマリオットポイントの使い方がトラベルパッケージなんです。

 

通常のポイント宿泊だと、頑張って使ってもせいぜい1マリオットポイントが1円程度、通常の使い方だと1マリオットポイントが0.5円~0.7円ぐらいなので、この意味でも、超絶お得な使い方だったんです。

それが大改悪。。。(泣)




 

2.新プログラムにおけるトラベルパッケージ

 

必要ポイントや獲得マイルはこんな感じです。

新カテゴリー 7泊+50,000マイル 7泊+100,000マイル
1-4 255,000 330,000
5 315,000 390,000
6 435,000 510,000
7 495,000 570,000
8 675,000 750,000

(情報源はこちらです。)

 

んで、こちらで新カテゴリーを調べることができて、現カテゴリー5は半分強が新カテゴリー4になり、半分弱が新カテゴリー3になるという感じです。

 

そこで、追加ポイントなしで宿泊できるホテル(現カテゴリー5以下、新カテゴリー4以下)を比べると、その差は歴然です。

現プログラムの場合、270,000マリオットポイントが、7泊無料宿泊券と120,000マイルに変わります(お得な移行先の場合)。

新プログラムになると、330,000マリオットポイントと必要ポイント数が増加しているにもかかわらず、獲得マイルは100,000マイル(UA以外の全エアライン共通)と減っています。

 

なので、とーーーーっても分かりやすい大改悪です!

 

マイル単価3円で使って、無料宿泊券をうまく使ったとしても、1マリオットポイントが1.5円ぐらいかな~、という印象です。

 

現プログラムでは、トラベルパッケージはカテゴリーが上の方だとかなりお得だったのですが、上に行けば行くほど追加ポイントが跳ね上がっているので、その辺も大改悪です。




 

3.強いて改善点を上げるとすれば、、、

 

2でちょこっと書いたとおり、全エアラインで移行マイル数が共通となったことです。

(なお、ユナイテッド航空だけ10%増しになります。)

 

現プログラムの下では、JALさんやANAさんに移行する場合、270,000マリオットポイントが、7泊無料宿泊券と85,000マイルにしかなりませんでした。

これが、330,000マリオットポイントで、7泊無料宿泊券と100,000マイルになるので、改善とまではいかなくても悪くないかな、という印象です。

とはいえ、現プログラムでは、JALマイルに移行するなら、BA、AA、ASとかに移行した方がよっぽどいいんですけどね。。。

なので、この利点はANAマイル派の方だけかな。

 




 

4.改悪の視点

 

んで、今回の大改悪は、お得過ぎるトラベルパッケージと通常のポイント宿泊のバランスを取ったというところなのでしょう。

 

こういうことを書くとさらに改悪されてしまうのですが、それでもまだ、トラベルパッケージはお得なんですよね。

 

こちらの記事でマリオットバケーションクラブのもと様からコメントをいただいています。

 

数百万円払って、トラベルパッケージのこの大改悪は、さすがにいただけないですね。。。

我々とは痛さの程度が違います。。。

 

 

5.まとめ

 

結局いつもの結論に至るわけですが、SPGアメックスにせよ、プラチナチャレンジにせよ、トラベルパッケージにせよ、お得なものはお得なうちにさっさと使ってしまわないと、改悪という憂き目にいずれ遭遇するということです。

 

陸マイラーは改悪との闘いですので、私はもう慣れましたけどね(笑)

 

SPGアメックスをまだ発行していない方は、こちらをご参照下さい!