こんにちわ、プラチナハンターです。
こちらの記事、バズりにバズり、1日で10,000PVを大幅に超えました


 
ご覧いただいた方々、ご意見、ご批判を下さった方々、皆様に御礼申し上げます。
 
これまで経験したバズリは最高で7000PVだったので、私自身、最大のバズリということになります。
正直なところ、このバズリは、ある程度意識的にやったのですが、ここまでバズるとは思いませんでした。
 
その上、2018年3月21日のAdsense収入が、これまでのAdsense収入のほぼ1か月分となりました。
そして、Adsenseのデータを見ると、RPM(1000PVあたりの広告収入)が1100overというとんでもない数字になっていました。(どうやら、正確な数字を出すことはAdsenseの規約違反みたいなので、概数として表示しています。)
そこで、なぜ、こんなことになったのか、検証してみたいと思います。
 




 

 1. 私のブログの現状

 
まず、私は、2017年5月にはてなブログ陸マイラー(読み方:りくまいらーorおかまいらー)ブログを開始しました。
はてなブログでも何回かバズリを経験しており、「バズリの技術」として、こんな記事も書かせてもらっています。


(なので、今回は「バズリの技術part2」です。)
 
その後、はてなブログのhttps問題がなかなか解決しないことから、2017年11月に本ブログをはてなブログとは別にワードプレスにて立ち上げ、現在は、フロー記事ははてなブログで、ストック記事はワードプレスで、という変則的な運用を行っております。

フロー記事:流行りのこと一過性のことを題材にした記事
ストック記事:長く読まれるであろうことを題材にした記事

 
そのような変則的な運用を行った理由ですが、私が行っている陸マイラー系のブログは横のつながりが大変強く、はてなブログを残しておいたほうが、通知機能などを利用し続けることができるという点があげられます。
 
また、はてなブログだと、はてなブログ経由で見て下さる方を引き続き期待できるということも理由の一つです。
 
さらに、そもそも、はてなブログからワードプレスに完全移行するにあたり、移行の方法が当時は分からなかった、ということも挙げられます。
(現在は、陸マイラーブログでは羽田空港サーバーさんに移行を依頼するという方法がかなり主流(?)になっています。お願いすれば良かった、と半分以上後悔しています。。。)
 
このような理由で、現在は、はてなブログワードプレスの両刀使いをしているわけですが、ワードプレスのほうでは(先ほど書いたとおり)ストック記事をメインにした結果、2018年1月の時点、すなわちワードプレス開始から2か月という短時間で、「プラチナチャレンジ」という(陸マイラー界では)大流行のキーワードでgoogle検索で第1位を獲得することができました。
(こちらの記事の終わりのほうに、そのことを書かせてもらっています。「プラチナチャレンジって何??」という方もご覧いただければと思います。)


 
ということで、現在でも色々、試行錯誤をしながらブログ運営を行っております。
 




 

 2. 最近やったカスタマイズ

 
ITに詳しい方が見ればすぐにお分かりだと思いますが、はてなブログワードプレスも、私はほとんどカスタマイズをしていません。
ワードプレスについては、最低限必要となるプラグインを10個ぐらい入れているだけです。
 
また、SEO対策は一切していません。
それは、google先生に評価してもらうためには、私自身、記事の内容が最も重要であると考えているためです。(そもそもSEO対策自体、どうしたらいいか分かっていないということもあります。SEO対策をしたほうがいいのでしょうけど、しないことの言い訳かもしれません。)
2か月で「プラチナチャレンジ」で検索第1位になったのは、記事の内容が評価されたものと自己分析しています。(手前味噌ですいません。)
 
なのですが、最近、1つだけ、大きなところをいじりました。
何かというと、google先生の自動広告配信機能です。
ワードプレスにはこれを実装しております。

とはいえ、手動でAdsenseを貼るという作業も行っています。
自動広告配信機能だと、入れたいところに広告を入れることができないためです。

 
最近行った、カスタマイズ的なことは、正直なところ、google先生の自動広告配信機能だけです。
 




 

 3. バズった当日と、その前の記事のアップ状況

 
バズった記事は、2018年3月20日15:49ワードプレスにアップしました。


 
そして、ワードプレスにアップしたことをはてなブログで告知したのが、2018年3月20日16:37です。
 platinum-hunter
【事件発生です!】SPGアメックス改悪の前兆か!?【JGCやSFCにも影響があるかもしれない、その理由とは!?】、をアップしました。 - platinum-hunter
http://www.platinum-hunter.com/entry/2018/03/20/163728
こんにちわ、プラチナハンターです。 今日は、twitterで交流させてもらっている、id:sk2sadaさんの「事件」を元ネタに記事を書きました。 (元ネタの記事はこちらです。) www.mile2017.net というのも、この「事件」は、SPGアメックスのマリオットでの特典の改悪の前兆とも言えるんです。 (マリオットでの特典) 朝食無料 無料アップグレード 無料でのラウンジ利用 ブログ上で散々「SPGアメックスはすごいよ!」と言い続け、...

 
んで、はてなブログに告知した直後から、瞬間視聴者数が約20から30人という状態になりました。(こういう意味でも両刀使いは、素早く記事を広めるために有用です。)
 
実は、今回のバズリは、これまで分析してきたバズリの技術の確認をするという意味もありました。
というのも、こちらの記事に書かせていただいたとおり、1回バズった後、その後の記事はバズリやすいということをこれまで何回か実体験しているのです

 
当時ははてなブログでしたが、これがワードプレスでも当てはまるか、を確認してみたかったのです。
そして、2018年3月18日11:50にアップした下の記事が、意図せずにバズったのです。
(陸マイラーブログを見たことがない人にとっては、「oka-sinって何じゃないな??」という感じですいません。)

 
何か、活かせるネタがないかなぁ、と思っていた時、twitterの中である「事件」が報告され、様々な方から肯定と否定の両方の意見があったので、この「事件」をネタに記事を書かせてもらうことにしました。
「事件」の内容はこちらの記事をご覧下さい。冒頭に挙げた記事と同じ記事です。)
 
バズった後の約2日後にバズリを意識した記事をアップしたらどうなるか、を検証してみたかったのです。




 

 4. バズリを意識的にするためには

 
ただし、そう簡単には連続バズは期待できません。
記事に相当の工夫をすることが必要です。
要は、google先生に認められることが必要なんです。
前のバズによるゲタは履かせてもらえるでしょうけど、どこでもドアまでは提供してくれないということです。
 
そうすると、どうやったらgoogle先生に認められるか、ってことですよね。
 
これは、こちらの記事で分析させてもらっています。


 
当たり前ですが、キーワードを盛り込んだタイトルと内容が重要ということです。
 




 

4-1. タイトルを工夫する

 
まずは、タイトルを工夫しました。
陸マイラーブログの鉄板のキーワードである、SPGアメックスJGCSFC、を組み込みました。(これまた、陸マイラーブログを見ていない人にとっては、「何じゃないな!?」というキーワードですが、、、)
その上で、実際の「事件」がホテルでの出来事なので、ドラマの「ホテル」(高嶋政伸さんが出てた1990年代にヒットしたドラマ)にちなんで、「事件発生です」とタイトルに遊び心を出してみました。

なのですが、もっとドラマに忠実に「姉さん、事件です!」にしたほうが面白かったかなぁ、とも思っちゃったりしています(笑)
これだと、高嶋政伸さんの声が聞こえてきそうな感じがしますよね!

 
 

4-2. もちろん、中身も濃いものにする

 
ただし、タイトルだけではいけません。
タイトルにあった中身を書かないとgoogle先生は評価してくれないからです。
そして、google先生は記事のオリジナリティを重視するということなので、単に陸マイラー的な視点だけではなく、ビジネス的な視点や法律的な視点を入れてみました。
 
そして、今後の陸マイラーとしての心構えを書いて記事を終えることにしたのです。
 
 

4-3. google先生に評価されるまでにかかった時間、瞬間視聴者数

 
まず、どうやったらgoogle先生に評価されたことが分かるかが問題です。
私は、はてなブログの流入経路にgoogleapisからの流入があることを一つの目安にしています。(ひょっとすると違うかもしれません。あくまで仮説と考えて下さい。)
というのも、これまで何回かバズった記事では、必ず、このgoogleapisによる流入があったからです。(逆に言うと、バズらない記事にはgoogleapisによる流入がないか、少ししかありませんでした。)
 
んで、このgoogleapisからの流入が始まったのが、約4時間後の2018年3月20日20:00頃のことでした。
このgoogleapisからの流入が全体の数%になると、いよいよバズリのはじまりです。
googleアプリなどで、優先的に表示されることになります。
(ひょっとすると、googleapisというのは、googleが良い記事かどうかを判別するためのクローラーみたいなものなのかもしれません。)
 
その後、瞬間視聴者数が50台、60台、70台となっていき、最終的には100を突破しました
(瞬間視聴者数が100を突破したのは、私の経験上初めてのことです。)
 




 

 5. Adsenseの収入はどうなっていったか

 
今回の記事をアップした翌日の深夜(21日深夜)までバズリは続き、結局、約30時間ぐらいにわたり、バズリ状態となりました。
このこと自体はバズった場合には珍しいことではないと思うのですが、瞬間視聴者数が跳ね上がったことに加えて、Adsenseを見てみると、広告収入がかなりの金額となっていることが分かりました。
そして、見たこともないRPMの数値が目の前に広がっていたのです。
キャプチャとかは取っていないのですが、一時はRPMがなんと1300overにまでなっていました。
(1000PVで1300円の広告収入が貰える計算となります。)
 
最終的に日が変わる頃になると広告を見てくれる人が少なくなったのか、RPMは1100台まで落ちましたが、それでも1000を超えています。
通常は200とか300とか言われているRPMが1000を超えるというのは通常ではないと思っています。
 
んで、「下のキャプチャは、2018年3月15日から2018年3月21日のAdsenseのレポートです。」と書いて、キャプチャを実際に貼るところまではやったのですが、レポートの公開はどうやらAdsenseの規約違反みたいなので、レポートの公開はやめます。
10の位を切り捨てたRPM(1000PVあたりの収入)の概数だけ言うと、こんな感じです。
 
15日:500
16日:200
17日:400
18日:400(この日の11:50に一つ目のバズリ記事をアップ)
19日:600
20日:700(この日の15:49に二つ目のバズリ記事をアップ)
21日:1100
 
やはり、バズった21日のRPMは跳ね上がっています。
(ちなみに21日のCTR(クリック率)は5%台後半を超えていました。通常は1%台ぐらいですよね。)
ちなみに、18日にアップした最初のバズリ記事の翌日もRPMが跳ね上がっています。(18日のCTRは確認していません。)
 
21日についてみれば、RPMをCTRで割ると概ね200から300ぐらいなので、CTR1%当たりのRPMはやはり通常の数字です。
そうすると、バズったことが理由でgoogle先生がボーナスをくれたということではなさそうです。
単純に、クリックして下さった方が多かったということになります。
 
そうすると、結局は、Adsenseの広告表示が視聴者のニーズに合致していたということが、RPMが跳ね上がった理由ということになります。
このことの思い当たる理由は、、、
 
google先生の自動広告配信機能の導入
 
なんでしょうね!
 
実際に、3月に入ってからRPMが徐々に切り上がっていることが感じられます。
これは、google先生の自動広告配信機能のおかげであることが、今回のバズリを通して感じることができました。
 




 

 6. まとめ

 
ということで、やっぱりすごい!google先生!という結論でした。
google先生の広告自動配信機能は、賛否両論があるようですが、google先生の分析力はとてつもないということですね☆