久しぶりのプラチナチャレンジ最新情報です!
そして、今年最後のプラチナチャレンジ最新情報です!
2018年もプラチナチャレンジは継続されるでしょうか!
来年もプラチナチャレンジ最新情報をアップできることを願わずにはいられません!

それでは、早速いきましょう!




1.2018年2月問題について

2018年2月問題というのは、2018年2月にマリオットプラチナチャレンジをクリアした場合、そのステータスが2019年2月までなのか、2020年2月までなのか、という問題のことを言います。

通常のマリオットのルールだと、
ある年の1月にプラチナチャレンジをクリアすれば翌年の2月までがステータスの期限
ある年の2月から12月の間にプラチナチャレンジをクリアすれば翌々年の2月までがステータスの期限
ということになっています。

しかし、このルールが、マリオットとSPGの統合の関係で、(2018年に限り)2019年2月までしかプラチナステータスをもらえないのでは?という疑問が呈されていたのです。

この問題について、先日、マイル社長さんがマリオットの日本デスクに確認して下さったようで、日本デスクのスタッフから「2020年2月までです」と回答をもらった模様です。

しかし、日本デスクが本当にそこまで把握しているかな〜、というのが私の感想です。

と考えていたのも束の間、こちらの記事にsuzuki様から以下のようなコメントをいただきました。
少し誤字があるので、修正させていただいた上で引用させていただきます。
赤字のところが修正箇所です。)

2017年の12月になってからチャレンジの申し込みをしたところ、快諾はしてくれたのですが、以下のような説明がついてきました。SPGとの統合のスケジュールがせまっているのでしょうか?チャレンジに成功しても、有効期限が年2019年2月末ですらなく、1月末までで終わってしまうようです。
Once you have accumulated nine separate paid stays, your account status would be upgraded to Platinum Elite through January 2019. To retain this status for all of 2019, you would need to accrue the qualifying number of Elite nights during 2018.

意訳すると、以下のような内容です。
「今回のプラチナチャレンジをクリアしても2019年1月までがプラチナ会員だからな!2019年にずっとプラチナ会員でいたければ2018年にステータスの要件をクリアしなきゃダメだぜ!」

さてさて、この回答、皆様はどのように分析しますでしょうか。

やっぱ色々、疑問点があるんですよね〜(笑)

疑問点①ークリア時期について言及していない

先ほど書いたとおり、マリオットのステータス判定は1月と2月が境目なのです。
プラチナチャレンジは、いつクリアするのか、がとても重要なのです。
それなのに、クリア時期(いつクリアするのか)について言及せずに、2019年1月って、おかしくない!?と思うのです。

疑問点②ーステータスの終期が1月になっている

しかも終期が1月なんですよね。
今までステータスの期限が2月だったのを、統合により、わざわざ1月にするって言うわけですか(笑)
100歩譲って、統合の関係でキリよく「12月まで」に変更します!って言うならまだ分かるんですが、「1月まで」に変更します!って何なのよ。
中途半端過ぎない!?(笑)
このメールの作成者、多分、ステータス判定時期の問題とステータスの有効期限の問題が全く分かっていないと思うんですよね。

ちなみに、なんで毎年2月にステータスの判定をするかというと、前年の12月分までの実績を集計したり(場合によっては漏れていたものを追加加算したり)するのに時間がかかるから、2か月の余裕を見ているのだと想像しています。
そのため、ステータスも2月までを有効期限にしているのでしょう。
(そうでないと、1月から2月にかけて、ステータスがない状態になる方が出てくるからです。)

んで、私は現時点ではマイル社長さんが確認したとおり「2020年2月まで」になると考えています
というのも、 バイバックやらロールオーバーやら、ステータス取得後のことはルール変更を公表しておきながら、もっと前段のステータス判定時期やらステータス有効期限やらのルール変更の公表をしないってアンバランスだと思うのです。
契約社会のアメリカなら、より一層、公表してしかるべきです。
なのに未だに公表していないってことは、2018年は変更なし!

のはずです。
現状のルールなら。。。




2.プラチナチャレンジおかわり問題について

これは初めて聞く問題かもしれませんが、こちらの記事で問題提起だけはさせていただいております。
プラチナチャレンジおかわり問題の提起

プラチナチャレンジおかわり問題っていうのは、

プラチナチャレンジをした後、ホテルのラウンジで何回「おかわり下さい!」って言えるか、という問題、、、

ではなくて、

SPGプラチナチャレンジをクリアした人がステータスを陥落した後、マリオットプラチナチャレンジをできるか(プラチナチャレンジのおかわりができるか)

っていう問題です。
(もちろん、逆もあり得ます。)

そして、こちらの記事で、 ミュン様がドストライクの質問コメントを下さっています。
マリオットプラチナチャレンジ質問集

はじめまして。素晴らしい内容をありがとうございます。実はすでにSPGアメックス保持で昨年、SPGプラチナチャレンジに成功したものです。2018の2月末でプラチナが切れますが、それ以後もプラチナを維持できる方法をアドバイスいただけますか?スターポイントは十分あります。よろしくお願いします。

さてさて、プラチナチャレンジのおかわりは、どなたかが2017年3月以降にやってらっしゃる可能性があります。

というのも、

統合初期段階よりも前にSPGプラチナチャレンジをクリア(2015年頃)
→マリオットによる買収完了&ステータスマッチの発表(2016年9月)
SPGプラチナから陥落(2017年2月)
→SPGアメックスによるマリオットゴールドステータスの取得(2017年3月)
→2017年3月以降にマリオットプラチナチャレンジ

という手段を採り得たからです。

なので、そのような方がいらっしゃれば、是非、プラチナハンターまでご連絡下さい!
名誉情強称号を差し上げます!
(特に賞品や賞金とかはありません。)

だってね、これやっている人がいたら、まじすごいっすよ!

まず、SPGプラチナチャレンジを遅くとも2015年の時点で知っていなければならないんですよ。
皆さん、知ってました??
ほとんどの方は知らなかったと思います。
もちろん、私も知りませんでした。
SPGの存在すら知りませんでした。

そして、SPGプラチナチャレンジ(3か月で18泊)をクリアするわけですよ。

その上で、買収によるマリオットへのステータスマッチの発表を聞いて、
「これからは、マリオットのバイバックだぜ!」
と感づいて、わざとSPGのステータスを更新せずに、一旦(SPGアメックスによる)SPGゴールドステータスまで落として、マリオットにステータスマッチして、マリオットゴールド取得して、そこからマリオットプラチナチャレンジですよ!

こんな離れ業やっている人は、とんでもなくすごい人だと思うんです!

まぁ、先日話題になったようにバイバックは2018年は行われないので、実際には美味しい話ではないんですけどね。バイバック中断のニュースが流れる前までは理論的には考えられる方法でした。
【Marriott】Buybackキャンペーン中断の考察【デスクの回答は真実か】

話が逸れましたが、2018年もプラチナチャレンジが継続されれば、この「おかわり問題」が解決するかもしれないのです!!!

「なんで、プラチナハンターさんはそんなに興奮しているの?」

って思っています!?

私、超少数派のSPGプラチナチャレンジ組なんですよ!
SPGプラチナチャレンジやる時には、バイバックの存在を知らなかったんです(泣)
(2017年2月にSPGプラチナチャレンジをクリアして2019年2月がプラチナステータスの期限です。)

バイバックの中断が公表されるまで、「マリオットプラチナチャレンジ組の人いいな〜」と指を咥えて見てたのですが、SPGプラチナチャレンジ組にとって唯一とも言っていいメリットが、この「プラチナチャレンジおかわり問題」なのです!
プラチナチャレンジおかわり問題の提起

なので、ミュン様、是非、人柱で2018年3月にマリオットデスクに突撃して下さい!
そして、その結果を是非、お知らせ下さい!
プラチナハンターは陰ながら応援しています!
たぶん、読者の皆様も応援してくれているはずです!

そして、このプラチナチャレンジおかわり問題が良い方向で解決した場合には、2018年のプラチナチャレンジは、SPGプラチナチャレンジの方が良いかもしれません。
マリオットとSPGが完全統合した場合、完全統合後に、マリオットプラチナチャレンジができる可能性があるからです!




3.プラチナチャレンジが2018年に継続されない場合の話

かなり興奮してしまいましたが、良いお話だけではいけません。
悪い話も想定しておきましょう。

もし、プラチナチャレンジが2018年に継続されなかった場合には、ミュン様のような立場の方はどうしたら良いでしょうか。

答えを先に言うと、SPGプラチナを25滞在でクリアする、というのが良いと思います。

SPGプラチナ修行の方が良い理由①

マリオットプラチナを維持するためには、1年間に75泊必要です。
しかし、SPGプラチナなら25滞在(または50泊)で足ります。
どちらが簡単か、言わなくても分かりますよね!?
もちろん、SPGプラチナの方が簡単です。

SPGプラチナ修行の方が良い理由②

先ほどの「プラチナチャレンジおかわり問題」 です。(厳密に言うと同じではないので、おかわり問題part2ですが)
マリオットプラチナチャレンジが復活されることを期待して、「マリオットの基準ではプラチナになったことがないからプラチナチャレンジさせてね(ニコッ)」と言いやすくなると思うのです。
そもそも、マリオットプラチナチャレンジは公表されているキャンペーンではありません。
しかし、1回マリオットの基準でマリオットプラチナになったことがある人は、プラチナチャレンジをさせてはくれないと思うのです。
ですが、SPGプラチナからのステータスマッチなら別勘定ということがあり得ます。(可能性は低いですが、統合のゴタゴタでどうなるか分からないという面白さがあります。)

なので、2018年にプラチナチャレンジが継続されない場合にはSPGプラチナを25滞在でクリアするのが賢いと思います。

もちろん、2018年にSPGプラチナの取得基準が変更されるなどのリスクがあることはいうまでもありません。自己責任で修行をして下さい。批判は受け入れますが、責任は取れません。




4.MEGA BONUSとの関係では、どちらが美味しいのか??

先日、マリオットからもSPGからも2018年Q1のキャンペーンが発表されました。
内容は以下のとおりですね。

【マリオットの場合】
キャンペーン期間は1/16-4/15
公式サイトでの登録が必要
期間中の2滞在目から1滞在毎に2000ボーナスポイント
その滞在が週末に絡むと、さらに1000ボーナスポイント

 

【SPGの場合】
キャンペーン期間は1/16-4/15
公式サイトでの登録が必要
期間中の2滞在目から2倍のポイント
その滞在が週末に絡むと、さらに500ボーナスポイント

んで、はなつまみさん(lifeistravelさん)がこちらの記事で1滞在1泊200USDで計算して下さっています。
結論は、マリオットの方が有利とのことです。
これはこれで、そのとおりだと思います。
というのも、SPGの2倍キャンペーンって、これまでの経験上、ベースポイント(現時点のキャンペーンを考慮しても1USD2ポイント)部分だけしか2倍にならないので、あまり美味しくないんですよ。

これが、マリオットだと、こちらの記事で書いたとおり、ステータスボーナスも含めて2倍や3倍になるんです。
【続報!3倍キャンペーン】ポイント付与はどうなった!?【MOXY東京&大阪オープニングキャンペーン】

なので、通常の予約ならマリオットのほうが有利なのは激しく同意します。
ところがですね、これにベストレート保証(BRG)が絡むと、話が違ってくるんです。
というのも、BRGが通った場合、SPGの場合は20%引きを選ぶこともできますが、20%引きを選ばずに2000スターポイントを選ぶこともできるからなんです!

以下では、はなつまみさんと同じ条件(1滞在1泊200USD、ただしBRG後の金額)で週末ではない宿泊を前提として計算してみます。
(厳密にいうと、税サの部分にはポイントは付与されないのですが、これを計算することは現実的ではないので、すべての部分にポイントが付与されるという前提で計算します。また、1USDを100円で計算している箇所があります。)

4-1.マリオットで計算

 

MRTゴールド会員 獲得ポイント 備考
ベースポイント 2000 10%
ゴールドボーナス 500 2.5%
ボーナスポイント 2000
SPGアメックス 1200 2%
アメニティ 0
BRG 0
(合計) 5700 MRTポイント
(スターポイント換算後) 1900 スターポイント

赤字の箇所はスターポイントでもらえるポイントをMRTポイントに換算しています。

MRTプラチナ会員 獲得ポイント 備考
ベースポイント 2000 10%
プラチナボーナス 1000 5%
ボーナスポイント 2000
SPGアメックス 1200 2%
アメニティ 500 ホテルによる
BRG 0
(合計) 6700 MRTポイント
(スターポイント換算後) 2233 スターポイント

赤字の箇所はスターポイントでもらえるポイントをMRTポイントに換算しています。

4-2.SPGで計算

 

SPGゴールド会員 獲得ポイント 備考
ベースポイント 400 2%
ダブルポイント 400 2%
ゴールドボーナス 200 1%
SPGアメックス 400 2%
アメニティ 250 ホテルによる
BRG 2000
(合計) 3650 スターポイント

 

SPGプラチナ会員 獲得ポイント 備考
ベースポイント 400 2%
ダブルポイント 400 2%
プラチナボーナス 200 1%
SPGアメックス 400 2%
アメニティ 500 ホテルによる
BRG 2000
(合計) 3900 スターポイント

いかがでしょうか。
BRGが通って、20%引きではなく2000スターポイントのバックを選ぶと、結論が変わっちゃうんです!
(「比較の前提が違うよ!」という厳しいツッコミも考えられる若干荒い計算ですが、、、)

なので、BRGを絡めるのであればSPGプラチナ修行(またはSPGプラチナチャレンジ)をするのが合理的です。




5.まとめ

2018年に限っては、以下の点でSPGプラチナ修行またはSPGプラチナチャレンジの方がメリットがある(かもしれない)!
①プラチナチャレンジのおかわりができる可能性が残される。
②BRGを絡めた場合、SPG修行の方が1滞在あたりの取得ポイントが多くなる可能性がある。

そして、そのためには、SPGアメックスを発行しておいた方が良いです!
詳しくはこちらの記事をどうぞ!