陸マイラー界を飛び越えて巷で大流行となっているマリオットプラチナチャレンジの質問集です。
皆様のお役に立てれば幸いです。
他にご質問がございましたら、コメント欄からご連絡下さい。




Contents

質問1.マリオットプラチナチャレンジとは何ですか。

マリオットグループには、様々なベネフィットがある上級会員制度があります。
その最上級会員がプラチナ会員です。
プラチナ会員になると、スイートまでアップグレードされやすくなったり、宿泊時にもらえるポイントが通常会員よりも50%もアップするなど、様々なベネフィットがあります。
通常であればプラチナ会員になるためには、暦年(1月から12月まで)で75泊する必要があります。
しかし、よほどの出張族でもない限り、暦年で75泊なんていう宿泊数は不可能です。

そこで出てくるのが、プラチナチャレンジです。
このプラチナチャレンジなら、最大で任意の4か月間(毎月1日開始、4か月後の末日終了)で、マリオット系列ホテルにたった9滞在すれば、プラチナ会員となることができるのです。
先ほど書いたとおり、プラチナ会員になると、部屋のアップグレードなど、様々な特典があります。
ということで、現在、陸マイラー界のみならず陸マイラー界を飛び出して、巷で、プラチナチャレンジが流行っているのです。

質問2.プラチナチャレンジはマリオットの公式サイトのどこを見れば、概要が分かりますか。

残念ながら、マリオットの公式サイトには、プラチナチャレンジに関することは一切書かれていません。
プラチナチャレンジは、マリオットの非公開のキャンペーンなのです。

なお、プラチナチャレンジは、1回失敗しても、再度のチャレンジが可能です。
しかし、その場合、ある程度の期間を空けてからでないと受け付けてくれない可能性があります。
なので、とりあえずプラチナチャレンジを受け付けてもらって、その後、実際にプラチナチャレンジをするかどうかを考えるという行動は一定のリスクを伴います。

 

質問3.プラチナチャレンジをするための条件は何ですか。

現時点で分かっている条件は以下のとおりです。

①マリオットのゴールドステータスを有していること
②これまでプラチナチャレンジを達成したことがないこと
③SPGからのステータスマッチ直後は、プラチナチャレンジを拒絶されることがあること

質問2にも書きましたが、非公開のキャンペーンなので、様々な点がベールに包まれていることを念頭に、プラチナチャレンジを行うこととなります。
と言っても、ほとんどの方がプラチナチャレンジを達成しているので、さほど深刻に考える必要はありません。

質問4.マリオットのゴールドステータスはどのようにしたら取得できるのですか。

現時点で存在するルートで一番確実な方法は、SPGアメックスというクレジットカードを発行することです。
SPGアメックスを発行すると、それだけで、SPGというホテルグループのゴールド会員になることができます。
そして、SPGのゴールド会員は、それだけで、マリオットのゴールド会員になることができます。

なお、現時点でお得にSPGアメックスを発行する方法は、友達紹介という方法です。
もし周りにSPGアメックスを持っているお友達がいらっしゃなければ私から紹介することも可能です。
下記からお申し込み下さい!
今なら3か月で10万円を使えば、12,000ポイントもらえます!

質問5.プラチナチャレンジに出てくる「滞在」とはどのような意味ですか。

似たような概念に「泊」というものがあります。
例えば、マリオットに3/1にチェックインし、3/3にチェックアウトしたとします。
この場合、2晩をホテルで過ごしているので、2「泊」です。
しかし、この場合、「滞在」としては、1「滞在」となります。
チェックインとチェックアウトがそれぞれ1回だからです。
したがって、上記の例だと、3/1-3/3の宿泊は、1滞在2泊としてカウントされます。
3/1にチェックインし、3/4にチェックアウトする滞在なら、1滞在3泊となります。

質問6.予約を別々にして同じホテルに2日連続で宿泊した場合は2滞在になるのですか。

2滞在にはなりません。
この場合も1滞在2泊としてカウントされます。
マリオットのルールで24時間以内に同じホテルに再チェックインした場合には、1滞在とみなすこととしているためです。

質問7.それでは、違うホテルに2日連続で宿泊した場合には、2滞在となるのですか。

はい、その場合は、2滞在として扱われます。
例えば、3/1に東京マリオットに宿泊し3/2にチェックアウトし、3/2にコートヤード東京ステーションにチェックインし3/3にチェックアウトした場合は、2滞在2泊として扱われます。

質問8.同じホテルに同じ日に2部屋の予約を自分名義でし、家族4人で宿泊した場合にはどのように扱われますか。

この場合、その方にカウントされるのは、1滞在1泊だけです。
マリオットは、1日につき、1部屋しか同一人にはカウントしてくれないというルールになっているためです。

この点は、SPGと大きく異なる点です。SPGの場合は、同じ日に同一人で3部屋まで、滞在数と宿泊数をカウントしてくれます。
例えば、3/1にウェスティン東京(SPG系列ホテル)に3部屋の予約をし、家族で宿泊した場合、3滞在3泊とカウントされます。

 

質問9.同じ日に違うホテルに2部屋の予約を自分名義でした場合にはどうなりますか。

試したことがないので分かりませんが、1泊1滞在しかカウントされないものと思われます。




質問10.プラチナチャレンジを行う4か月というのはいつからスタートするのですか。

例えば、3/15からプラチナチャレンジをスタートさせると、3月に加えて、4月からの3か月の間に9滞在をすれば、プラチナチャレンジをクリアできます。
この場合、3か月プラス申込月ということになります。

なお、毎月1日に始める場合は、その月を含めた4か月がプラチナチャレンジの期間となるようです。
例えば、3/1からプラチナチャレンジを始めたい場合には、2月中にマリオット日本デスクに電話をし、プラチナチャレンジを始めたいと伝えれば、6/30までがプラチナチャレンジの期間ということになります。
なので、開始したい月の前月15日頃にマリオット日本デスクに電話をし、当月1日からプラチナチャレンジを開始するのが良いかと思います。
(毎月中旬頃に翌月のプラチナチャレンジの受付が始まるようです。)

質問11.プラチナチャレンジの申込みはどこで行えば良いのですか。

マリオットの日本デスクに電話をかけて下さい。
電話番号は以下のとおりです。
マリオットの日本デスクは丁寧に回答してくれます。
03-5405-1513

もっとも、こちらの記事に書いたとおり、マリオット日本デスクはプラチナチャレンジに関する電話対応でキャパシティがオーバーしているようです。


なので、何でもかんでも聞くのではなく、本当に聞きたいことをまとめた上で、尋ねて下さいますようお願い致します。

プラチナチャレンジの電話が殺到して通常業務が阻害される、だから、プラチナチャレンジ終了!

なんてなったら目も当てられませんので、マリオット日本デスクに問い合わせるのは必要最小限でお願いします。
(新しい情報があったらコメント欄に記載して下されば、私が記事にしてアップさせて頂きます!皆様、ご協力、よろしくお願いします!)

なお、現時点では、土日祝日の電話対応は行われていません。




質問12.プラチナチャレンジを開始するまでにしていた予約で、プラチナチャレンジの期間内にした宿泊はプラチナチャレンジの滞在にカウントされますか。

はい、カウントされます。
実際の宿泊がプラチナチャレンジの期間内であれば大丈夫です。
例えば、2/15に3/1の予約をし、3/1にプラチナチャレンジを開始した場合、3/1の滞在はプラチナチャレンジの滞在としてカウントされます。

質問13.プラチナチャレンジを過去に遡ってすることはできますか。

できないと思われます。
例えば、2/15に滞在をし、2/20にマリオットに電話をし、2/2からプラチナチャレンジを開始したこととして欲しいという申込はできません。

質問14.旅行代理店サイト(OTAサイト)からの予約はプラチナチャレンジにカウントされますか。

カウントされません。
必ず、マリオットの公式サイトから予約をして下さい。

なお、一部のOTAサイト(Travelzooなど)では、OTAサイトから公式サイトに飛ぶ形式のものがあります。
その場合、プラチナチャレンジにカウントされるかどうかはケースバイケースなので、事前に確認をするようお願い致します。

また、アメックスプラチナを保有している方は、FHRを通した予約は、カウントしてもらえるようです。
詳しくは、マイル社長さんのこちらの記事をご覧ください。
【検証】アメックスプラチナ『FHR』は本当にお得か?リッツカールトンクアラルンプールで




質問15.プラチナチャレンジを達成した場合にはいつまでプラチナ会員でいることができるのですか。

現在のルールでは、毎年1月までに達成すれば翌年の2月まで、毎年2月から12月までに達成すれば翌々年の12月までプラチナ会員でいることができます。
例えば、2018年1月に達成すれば、2019年2月までの約1年しかプラチナ会員でいられないのに対して、2018年2月に達成すれば、2020年2月までの約2年もの間、プラチナ会員でいることができるということになります。
なので、いますぐにプラチナチャレンジを始め、プラチナチャレンジを達成するのが最もプラチナ会員の期間を長くする方法ということになります。

もっとも、マリオットがSPGと完全統合するにあたり、このあたりのルールが変更される可能性はあります。
この点は私ではいかんともしようがないので、ご了承下さい。

(追記)
なお、この点に関して、sentouryoku2様から以下のような質問をいただきました。

初めまして。
いつもこちらのブログ拝見させていただいています。
いつも有益な情報をありがとうございます。
マリオットプラチナチャレンジクリア後の有効期限ですが私が申し込んだ11/2時点では2月クリアで2019年2月までとの回答でした。
platinum-hunter様の2020年2月が最新情報だと凄く嬉しいです。
ただ、SPGから「2018年にはさらにいくつかの嬉しい変更がございます。」と云う文言のメールが届いていて「もしかしたらゴールドでも良いかも・・・」と思っています。
これからも最新情報宜しくお願い致します。

sentouryoku2様のコメントに対する私の認識は以下のとおりです。

初めまして。
いつもご覧下さりありがとうございます。
さて、ご質問の件ですが、本文中に書いているとおり、現在のルール上は2018年2月にプラチナチャレンジを達成すれば、2020年2月までがプラチナステータスの期間になるというものです。
現時点では、現在のルールが2019年3月以降にも適用されるのかが決まっていないと私は理解しています。
なので、「現時点では2019年2月まで」というのが、マリオット側の公式見解なのではないでしょうか。
この点については、今後、マリオットからアナウンスがされるのでしょう。
ということで、本文のような記載に致しました。
これが現在の私の認識です。
sentouryoku2様のプラチナチャレンジの助けになれば幸いです。

(追記終わり)

質問16.プラチナチャレンジをし、プラチナ会員となった後、プラチナ会員でいられる期間が過ぎた場合にはどうなりますか。

プラチナ会員が切れる年の3月からは、1ランク落ちて、翌年の2月までゴールド会員となります。
マリオットは1年に1ランクしか、ステータスが落ちないのです。




質問17.プラチナ会員の期間が切れた後、プラチナを維持するためにはどうしたら良いですか

原則として、通常どおり、暦年(1月から12月)に75泊する必要があります。
しかし、マリオットは毎年3月にステータスを買い戻すキャンペーンをやっています。
このキャンペーンはマリオットのポイントを40,000ポイント使うことでプラチナステータスを買い戻すことができるというものです。
なので、毎年このキャンペーンを使い続ければ、プラチナ会員を半永久的に保持することが可能となります。
なお、40,000ポイントというポイントは、さほど頑張らなくても貯まるポイント数です。

(追記)
なお、本記事をアップした直後、この買い戻し制度は中断されることとなりました。
ですので、この買い戻し制度はあてにしない方が良いかもしれません。
(追記終わり)

質問18.SPGにもプラチナチャレンジがあると聞きました。マリオットとどう違うのですか。

SPGプラチナチャレンジは、マリオットと異なり制度が公開されている点、3か月で18泊が必要となる点が最も異なる点です。
ただ、どちらのプラチナチャレンジでも他方にステータスマッチして他方のプラチナ会員となることができる点では同じです。

質問19.プラチナハンターさんは、どちらのプラチナチャレンジがオススメですか。

現時点では、マリオットプラチナチャレンジをオススメしています。
理由は以下のとおりです。
①上記17で書いたとおり、ステータスを買い戻すことができること
②9泊分の費用で済むこと
③1泊あたりの費用もマリオットの方が安いこと
 
特に半永久的にプラチナステータスを保有したい方にとっての①は、とてつもないメリットだと思います。
(追記)
質問17に追記したとおり、ステータスを買い戻す制度はあてにできません。
なので、①のメリットは、現時点では考慮すべきでないと考えています。
(追記終わり)

②③に関しては、マリオットのキャンペーン( MEGA BONUS )と併用することにより、実質的な持ち出しが約10万円という、格安料金で達成することができます。
特に、東京と大阪にあるモクシーを使えば、格安で(10万円を切るぐらいの価格で)プラチナチャレンジをクリアすることができます。

マリオットプラチナチャレンジのスタートはSPGアメックスの発行からです!

ご興味がある方はこちらからSPGアメックスのお申し込みをどうぞ!
今なら、10万円使えば12,000ポイント獲得というお得な入会キャンペーン実施中です。

SPGアメックスの徹底活用術については、こちらで解説しておりますので、よろしければご覧下さい。