マリオットが新プラチナチャレンジの受付を開始しました。

そこで、旧プラチナチャレンジと同様に新プラチナチャレンジ質問集を作成しました。

皆様のお役に立てれば幸いです。

他にご質問がございましたら、コメント欄からご連絡下さい。




Contents

質問1.マリオットプラチナチャレンジとは何ですか。

マリオットグループには、様々なベネフィットがある上級会員制度があります。

その上級会員の一つがプラチナ会員です。

プラチナ会員になると、スイートルームまでアップグレードしてもらえたり、宿泊時にもらえるポイントが通常会員よりも50%もアップするなど、様々なベネフィットがあります。

通常であればプラチナ会員になるためには、暦年(1月から12月まで)で50泊する必要があります。

しかし、よほどの出張族でもない限り、暦年で50泊なんていう宿泊数は不可能です。

 

そこで出てくるのが、プラチナチャレンジです。

このプラチナチャレンジなら、最大で任意の4か月間(毎月1日開始、4か月後の末日終了)のうちに、マリオットグループホテルにたった16泊すれば、プラチナ会員となることができるのです。

通常ルートと比べると3分の1以下の宿泊数でプラチナステータスを取得することができるのです。

先ほど書いたとおり、プラチナ会員になると、部屋のアップグレードなど、様々な特典があります。

ということで、現在、陸マイラー界のみならず陸マイラー界を飛び出して、巷で、プラチナチャレンジが流行っているのです。

なお、新プラチナチャレンジを達成するとプラチナ会員よりも、さらに一つ上のプラチナプレミア会員になることができるという情報もあります。

真偽が定かではなので、現時点では「プラチナ会員になることができる」と説明させていただいております。

詳細が分かり次第、記事に致します。

 

質問2.プラチナチャレンジはマリオットの公式サイトのどこを見れば、概要が分かりますか。

残念ながら、マリオットの公式サイトには、プラチナチャレンジに関することは一切書かれていません。

プラチナチャレンジは、マリオットの非公開のキャンペーンなのです。

なお、プラチナチャレンジを1回失敗した後、再度の申し込みが可能かどうか、情報がはっきりしません。

仮に受け付けてくれる場合でも、ある程度の期間を空けてからでないと受け付けてくれない可能性があります。

なので、とりあえずプラチナチャレンジを受け付けてもらって、その後、実際にプラチナチャレンジをするかどうかを考えるという行動は一定のリスクを伴います。

 

質問3.プラチナチャレンジをするための条件は何ですか。

現時点で分かっている条件は以下のとおりです。

①ゴールドステータスを有している必要はないこと

②現在、プラチナステータスを有していないこと

なお、一回プラチナチャレンジを成功した場合の扱いも、よく分かっておりません。

3年に1回チャレンジできるという話や、一生に1回だという話があります。

何回も認めてくれるとは思いませんので、一生に1回だと思ってチャレンジしたほうが良ろしいかと思います。

(仮に現在のルールで3年に1回できるとしても、今後、規約が変わる可能性があります。)

 

 

質問4.マリオットのゴールドステータスはどのようにしたら取得できるのですか。

現時点で存在するルートで一番確実な方法は、SPGアメックスというクレジットカードを発行することです。

SPGアメックスを発行すると、それだけで、マリオットのゴールド会員になることができます。

もっとも、質問3で書いたとおり、ゴールドステータスは不要です。

ですが、プラチナチャレンジ中の待遇を良くしてもらうために、SPGアメックスを発行しておいた方が良いでしょう。

 

(SPGアメックスの詳細については、こちらをご覧下さい。)

 

質問5.旧プラチナチャレンジは9「滞在」が必要だったと聞いています。新プラチナチャレンジの16「泊」とはどのように違うのですか。

例えば、マリオットに3/1にチェックインし、3/3にチェックアウトしたとします。

この場合、「滞在」としては、1「滞在」となります。

しかし、2晩をホテルで過ごしているので、2「泊」です。

したがって、上記の例だと、3/1-3/3の宿泊は、1滞在2泊としてカウントされます。

3/1にチェックインし、3/4にチェックアウトする滞在なら、1滞在3泊となります。

 

新プラチナチャレンジは泊数ベースなので、上の例だとそれぞれ2泊や3泊とカウントしてくれるということになります。

 

質問6.予約を別々にして同じホテルに2日連続で宿泊した場合は2泊になるのですか。

2泊になります。

この場合も1滞在2泊としてカウントされるので、泊数ベースである以上2泊分をカウントしてくれます。

 

質問7.それでは、違うホテルに2日連続で宿泊した場合には、2泊となるのですか。

はい、もちろん、その場合も、2泊として扱われます。

例えば、3/1に東京マリオットに宿泊し3/2にチェックアウトし、3/2にコートヤード東京ステーションにチェックインし3/3にチェックアウトした場合は、2滞在2泊として扱われます。

(なお、新プラチナチャレンジは泊数ベースなので、滞在数は関係はありません。)

 

質問8.同じホテルに同じ日に2部屋の予約を自分名義でし、家族4人で宿泊した場合にはどのように扱われますか。

この場合、その方にカウントされるのは、1滞在1泊だけです。

マリオットは、1日につき、1部屋しか同一人にはカウントしてくれないというルールになっているためです。

 

質問9.同じ日に違うホテルに2部屋の予約を自分名義でした場合にはどうなりますか。

試したことがないので分かりませんが、1滞在1泊しかカウントされないものと思われます。




質問10.プラチナチャレンジを行う4か月というのはいつからスタートするのですか。

例えば、3/15からプラチナチャレンジをスタートさせると、3月に加えて、4月から6月までの3か月の間に16泊をすれば、プラチナチャレンジ達成となります。

この場合、申込月プラス3か月ということになります。

 

なお、毎月1日に始める場合でも、その月を含めた4か月がプラチナチャレンジの期間となるようです。

例えば、3/1からプラチナチャレンジを始めたい場合には、2月中にマリオット日本デスクに電話をし、プラチナチャレンジを始めたいと伝えれば、6/30までがプラチナチャレンジの期間ということになります。

なので、開始したい月の前月15日頃にマリオット日本デスクに電話をし、当月1日からプラチナチャレンジを開始するのが良いかと思います。

(毎月中旬頃に翌月のプラチナチャレンジの受付が始まるようです。)

 

質問11.プラチナチャレンジの申込みはどこで行えば良いのですか。

マリオットの日本デスクに電話をかけて下さい。

電話番号は以下のとおりです。

マリオットの日本デスクが対応してくれます。

03-5423-6726

 

なお、現時点では、土日祝日の電話対応は行われていません。




質問12.プラチナチャレンジを開始するまでにしていた予約で、プラチナチャレンジの期間内にした宿泊はプラチナチャレンジの滞在にカウントされますか。

はい、カウントされます。

実際の宿泊がプラチナチャレンジの期間内であれば大丈夫です。

例えば、2/15に3/1の予約をし、3/1にプラチナチャレンジを開始した場合、3/1の滞在はプラチナチャレンジの滞在としてカウントされます。

 

質問13.プラチナチャレンジを過去に遡ってすることはできますか。

できないと思われます。

例えば、2/15に滞在をし、2/20にマリオットに電話をし、2/1からプラチナチャレンジを開始したこととして欲しいという申込はできません。

 

質問14.旅行代理店サイト(OTAサイト)からの予約はプラチナチャレンジにカウントされますか。

カウントされません。

必ず、マリオットの公式サイトから予約をして下さい。

 

なお、一部のOTAサイト(Travelzooなど)では、OTAサイトから公式サイトに飛ぶ形式のものがあります。

その場合にプラチナチャレンジにカウントされるかどうかはケースバイケースなので、事前に確認をするようお願い致します。

また、旧プラチナチャレンジでは、アメックスプラチナを保有している方は、FHRを通した予約は、カウントしてもらえたようです。

詳しくは、マイル社長さんのこちらの記事をご覧ください。

【検証】アメックスプラチナ『FHR』は本当にお得か?リッツカールトンクアラルンプールで

 

この点は、新プラチナチャレンジでも同様だと思いますが、気になる方は直接マリオットにご確認いただければと思います。

 




質問15.プラチナチャレンジを達成した場合にはいつまでプラチナ会員でいることができるのですか。

完全統合前のルールでは、毎年1月までに達成すれば翌年の2月まで、毎年2月から12月までに達成すれば翌々年の12月までプラチナ会員でいることができましたので、完全統合後でも同様と思われます。

例えば、2019年1月に達成すると2020年2月までの約1年しかプラチナ会員でいられないのに対して、2019年2月に達成すれば2021年2月までの約2年もの間、プラチナ会員でいることができるということになります。

なので、最もプラチナ会員の期間を長くするためには、2018年11月以降にプラチナチャレンジを開始し、2019年2月にプラチナチャレンジを達成する(16泊目の宿泊を行う)ということになります。

 

質問16.プラチナチャレンジをし、プラチナ会員となった後、プラチナ会員でいられる期間が過ぎた場合にはどうなりますか。

完全統合前は、1ランク落ちて、翌年の2月までゴールド会員となるという制度でした。

今後、どうなるかは、現時点では分かりません。

もっとも、SPGアメックスを持っていればゴールド会員でいることができるので、ゴールド会員として扱ってもらうことは可能です。




質問17.プラチナ会員の期間が切れた後、プラチナを維持するためにはどうしたら良いですか

原則として、通常どおり、暦年(1月から12月)に50泊する必要があります。

しかし、マリオットは2017年までは毎年3月にステータスを買い戻すキャンペーンをやっていました。

このキャンペーンはマリオットのポイントを40,000ポイント使うことでプラチナステータスを買い戻すことができるというものでした。

 

しかし、2018年はこのキャンペーンは行われませんでした。

2019年に行われるかどうかは不明です。

 

仮に、2019年以降、毎年このキャンペーンが再開されれば、プラチナ会員を半永久的に保持することが可能となります。

 

質問18.今年(2018年)に限り、SPG系列ホテルに25滞在すれば、プラチナステータスを取得できると聞きました。プラチナチャレンジとどう違うのですか。

2018年は特殊な年として扱われています。

そのため、2018年に限り、旧SPG基準でステータスを取得(更新)することが認められています。

なので、プラチナチャレンジ以外にSPG系列ホテルだけで25滞在することにより、プラチナステータスを取得することができます。

 

プラチナチャレンジとSPG25滞在の違いは以下のとおりです。

プラチナチャレンジ SPG25滞在
カウント方式 泊数ベース 滞在数ベース
達成のための期間 申込月+3か月 1月~12月
使用可能ホテル 現在マリオット系列と
なっている全ホテル
旧SPG系列ホテルのみ
達成後のステータス期間 2月から12月の間に16泊目
を達成した場合には、翌々年
の2月まで
達成の翌年の1年間

 

質問19.プラチナハンターさんは、2018年内は、プラチナチャレンジとSPG25滞在のどちらがオススメですか。

置かれている状況により異なるので、こちらの記事をご覧下さい。