こんにちわ。
プラチナハンターです。

12月になり、燃油サーチャージも上がってしまいましたが、先日、JALカード保有者の「初回
搭乗FLY ONポイントボーナスキャンペーン」の5,000FOPが2018年も継続されることが発表されました。
また、搭乗ボーナスFLY ONポイントも継続されました。

(JALさんのホームページはこちらです。)
FOPボーナスキャンペーン

なので、JGCを取得するために必要となる50,000FOPのうち、5,000FOPはJALカードを取得するだけでもらえることになります。
2018年もお得にJGC修行をすることができるということですね☆
JGCを取得すると、エコノミークラスでもラウンジを使えたり、優先チェックインができたり、いいことばっかりです。
旅行好きなら、JGC修行をやって損はありません。
ということで、JGC修行をする方のために私がよく使う、比較的やりやすいルートを本記事にてご紹介致します。

本記事の方法であれば、修行初心者の方でも、比較的やりやすいはずです。





1.発券する航空券

 

以下の3種類の航空券を発券することになります。
①国内発券:成田→クアラルンプール→成田
②海外発券:クアラルンプール→成田→クアラルンプール
③海外発券:クアラルンプール→成田(地上移動)羽田→石垣→羽田(ストップオーバー)→クアラルンプール

この記事は、これらの3種類の航空券を組み合わせて行う修行ルートです。

そして、①を1冊、②を1冊、③を3冊、発券することになります。
本日現在で私が確認した最安値は以下のとおりです。
①:約63,000円×1冊
②:約43,000円×1冊
③:約91,000円×3冊
総額:約380,000円

この旅程で最安値で行くためには、航空券のルール上、①の往路と復路が3か月以内である必要があります。
3か月を超えてしまうと、チケットの種別が変わり、料金が高くなってしまいます。
最後まで読んで貰えれば分かりますが、本記事の方法では、3か月以内にクアラルンプールに5回、石垣島に3回、行くことになります。

 

2.旅程の組み方

以下のような感じになります。
同じ色の箇所が1冊の航空券ということになります。
3コードレターは、NRTが成田、KULがクアラルンプール、HNDが羽田、ISGが石垣、です。

航空券 日付 経路 時間 獲得FOP
4月1日 NRT-KUL 11:05-18:10 2,904
4月1日 KUL-NRT 22:50-6:35(翌日) 2,904
4月15日 NRT-KUL 11:05-18:10 2,904
③-1 4月15日 KUL-NRT 22:50-6:35(翌日) 2,904
③-1 4月16日 HND-ISG 14:15-17:45 2,848
③-1 4月16日 ISG-HND 19:25-22:00 2,848
③-1 5月15日 NRT-KUL 11:05-18:10 2,904
③-2 5月15日 KUL-NRT 22:50-6:35(翌日) 2,904
③-2 5月16日 HND-ISG 14:15-17:45 2,848
③-2 5月16日 ISG-HND 19:25-22:00 2,848
③-2 6月15日 NRT-KUL 11:05-18:10 2,904
③-3 6月15日 KUL-NRT 22:50-6:35(翌日) 2,904
③-3 6月16日 HND-ISG 14:15-17:45 2,848
③-3 6月16日 ISG-HND 19:25-22:00 2,848
③-3 6月29日 NRT-KUL 11:05-18:10 2,904
6月29日 KUL-NRT 22:50-6:35(翌日) 2,904
初回搭乗ポイント 5,000
合計 51,128

いかがでしょうか。
比較的閑散期と言われている4月から6月で修行をし、その間にあるGWをはずしても、それほどキツイ日程ではないと思います。
​​



3.航空券の発券の仕方

①②はJALさんのホームページ からでなくても発券できます。
例えば、エクスペディアとかの旅行代理店でも発券できます。
なので、旅行代理店のキャンペーンをやっている時なんかに発券しても良いかと思います。(もちろん、JALさんの公式ホームページで発券しても良いです。)

問題は、③の発券です。
というのも、③の発券は若干複雑なので、旅行代理店のサイトでは予約ができないのです。
なので、③の発券は、JALさんの公式ホームページ(or電話発券or有楽町のJALプラザ)で行うこととなります。
ここでは、その中でも最も難易度の低い、公式ホームページでの発券をご説明します。

まず、JALさんの公式ホームページのトップページのjapanをクリックしましょう。

次に、下の画面で、malaysia、日本語を選びます。

こんな感じですね。

すると、JALさんのマレーシアのサイトに飛びます。

ここで、「開く」をクリックすると出てくる「その他の旅程」をクリックします。

下の画面に変わるので、「自由旅程」をクリックします。

下の画面に変わったら、「区間追加ボタン」をクリックして、「区間4」まで出てくるようにしましょう。

すると、下の画面になると思います。

ここから1区間ずつ入力します。
こんな感じですね。

そして、1番下の「検索」をクリックします。
すると、1つ1つの飛行機を選択する画面となります。

その時のポイントは、①区間1の到着時間と区間2の出発時間が24時間以内となるようにすることと、②区間3と区間4でストップオーバー(24時間以上の滞在。ここで一旦、日本国内に滞在することになります。)するようにすることの2点です。
他にも色々な組み合わせがあるのですが、初めての修行なら、これが楽で、安全で、それなりの費用で解脱できます。

なお、MalaysiaのJALさんのホームページでは、日本在住者はJMBのアカウントでログインできませんので、旅程選択後の最後のページでクリックする場所を間違えないことが大切です。
せっかく、旅程を選択したのに、また一から選択することになってしまいます。
下の画面の右側から決済画面に進んで下さいね☆

以上の結果、できた旅程は以下のとおりです。

航空券 日付 経路 時間 獲得FOP
③-1 4月15日 KUL-NRT 22:50-6:35(翌日) 2,904
③-1 4月16日 HND-ISG 14:15-17:45 2,848
③-1 4月16日 ISG-HND 19:25-22:00 2,848
③-1 5月15日 NRT-KUL 11:05-18:10 2,904

そして、これをクアラルンプールで6時間程度の滞在となるように前後の航空券と組み合わせれば、全旅程が完成します。




4.クアラルンプール修行の注意点など

 

4-1.良い点

①クアラルンプールでの滞在が、6時間程度で済むこと
(18時ぐらいにクアラルンプールに到着、同じ日の23時ぐらいにクアラルンプールを出発)

②成田とクアラルンプールの往復を両方ともJAL便で行えば、往復とも同じ飛行機となること
(なので、成田→クアラルンプールが遅れても、クアラルンプール→成田の便に間に合わないということがありません。)

③クアラルンプールで空港から出る必要がないこと
(制限エリア内のトランジットカウンターで、クアラルンプール→成田の搭乗券を受け取れます。)

4-2.良くない点

①成田→クアラルンプールの往復でマレーシア航空便を選ぶと、成田→クアラルンプールの便が遅延した場合に、クアラルンプール→成田の便に間に合わなくなる可能性があること

成田→クアラルンプールでは、JAL運航便(10時代に出発)の他に、マレーシア航空運航便(11時代に出発)があります。
そして、マレーシア航空運航便をJAL便として予約することもでき、JAL運航便と同様にマイルもFOPも付与されます。

成田→クアラルンプールが遅延した場合には、成田空港にいる時に、JALさんのスタッフに相談し、帰国便を手配した方が良いです。
クアラルンプール→成田の直行便が手配できない時には、シンガポール経由、バンコク経由、香港経由での振替便を検討します。

②成田空港ではプライオリティパスを使えるラウンジがないこと

こればかりは仕方がありません。
搭乗ゲート前の椅子に座って待ちましょう。
もっとも、プレミアムエコノミーで旅程を組めば、搭乗前は、サクララウンジ@成田、ゴールデンラウンジ@クアラルンプール、を使うことができます。
例えば、成田→クアラルンプールがプレミアムエコノミー、クアラルンプール→成田がエコノミーの場合、成田ではサクララウンジに入れますが、クアラルンプールではゴールデンラウンジに入れません。あくまで、搭乗前がプレミアムエコノミーである必要があります。

 

4-3.その他

①クアラルンプールにはプライオリティパスを使えるラウンジ(Plaza Premium Lounge)があるので、プライオリティパスを用意しておいた方が良いです。

このラウンジでは、シャワーを浴びることができるので、着替えを持って行きましょう。
シャワーは数が限られているので、ラウンジに入ったらすぐに予約を入れた方が良いです。(場合によっては、2時間待ちとかいう状況がありえます。)

プライオリティパスを発行できる、JALマイラーと相性が良いクレジットカードは、セゾンプラチナビジネスアメックスですね☆
JALマイルに100円1.125マイルが貯まる上にプライオリティパスが無料で発行できる良いカードです。
ビジネスカードとなっていますが、ビジネスをやっていない方でも発行可能です。

②搭乗ゲート前にセキュリティチェックがあります。搭乗ゲートには早めに行きましょう。

このセキュリティチェックでは、未開封のペットボトルでも没収されます。
また、セキュリティチェック後は、トイレがないゲートがあります。
セキュリティチェックの前にトイレを済ませるようにしましょう。

③クアラルンプール→成田の到着は午前7時頃です。ここから、羽田までは自力で行くことになります。電車またはバスで行くことになりますので、あらかじめ、時刻表を確かめておいた方が良いでしょう。

とはいえ、移動は3時間もあれば十分です。14時頃に出発する石垣行きには余裕があるので、さほど神経質にならなくて良いでしょう。

④冒頭にも書きましたが、JALカードは必須です。初回搭乗5,000FOPのために、必ず発行しておきましょう。そして、ツアープレミアム(年会費2,000円)に入るのも忘れずに!

JALカードのツアープレミアムに入ると、安いチケットでもかなりのマイルが貰えます!絶対に入るべきです。

JALカードの発行がまだの方は、こちらからどうぞ!
現在、入会キャンペーン実施中です!