はい、ファーストクラスラウンジとキャセイのビジネスクラスでコジコジしまくって、満腹で香港の空港に着陸しました(笑)

 

(前回の旅行記はこちらです。)

 

1.セキュリティをくぐるまでに一苦労

 

空港に着陸したのが、現地時間で14:30ぐらいです。

そして、次の飛行機は18:55離陸予定です。

4時間ぐらいトランジットに時間があることになります。

行ったことがある方は分かるかと思うのですが、香港の空港って、着陸フロアと出発フロアが完全に分けられていて、セキュリティが厳しいんですよね。

なので、乗り継ぐ飛行機のチケットがないとセキュリティをくぐってラウンジがあるところまで行けません。

そして、我々は、成田空港ではキャセイのチケットしか発券してもらえなかったのです。

 

成田空港で色々聞きましたが、どうやら、ワンワールド内なら発券できたそうですが、香港からの乗継便はエティハドなのでで、香港で発券してもらわざるをえないとのことでした。

AAマイルでエティハド航空の発券をする方にとっては、このへんは要注意ですね☆

AAマイルの使い方については、こちらをどうぞ!





んで、広い香港の空港のエティハド航空のカウンターに行きましたよ。

まぁ、この時点で嫌な予感したんですけどね。

結構時間かけて(たぶん20分くらい)、エティハドカウンターがある場所に着きました。

そうすると、ジャーン、人がいません!

 

隣の人に聞いても、知らないと言われるばかり。

チケットカウンターまとめてくれよ~(泣)

こっちは妊婦かかえてんだからさ~(焦)

仕方がないから、その辺のイスに座って待ちます。

だけど、一向に来る気配がないのです。

妊婦って、座ってばっかでもいけないんですよね。

なので、どっかを歩こうということになりました。

ですが、セキュリティくぐらないと、お店があるところにいけないのです。

(私が知らなかっただけかもしれないので、よくご確認下さい。)

 

待ちましたよ。

 

めっちゃ待ちましたよ。

 

あとちょっとで、香港の空港のビジネスラウンジに入れると思って待ちましたよ。

 

待つこと約2時間、ようやくエティハドのカウンターに人が来ます。

んでようやく、チケットを発券してもらうことができましたとさ。

 




2.セキュリティをくぐった後に、また一苦労

 

こういう時って、ついてないもんなんですよね。

セキュリティを抜けて、進路と思われる方向に進みます。

すると、空港内の電車(ターミナル間を移動するシャトルトレイン)が現れます。

 

何も知らない我々はシャトルトレインに乗ります。(私は、香港国際空港は慣れていないのです。)

何が起こったか、もうお分かりですよね。

香港航空ビジネスラウンジ(エティハド航空の指定ラウンジ)からめっちゃ遠いところ(下のマップの左の方の60番ゲートの付近)で降ろされたのです(笑)

 

そんなことはその時には気づいていないプラチナハンター夫妻。

香港空港ビジネスラウンジを探します。

(これが、香港航空ビジネスラウンジ入場券の裏面です。)

 

我々がいたのはGATE36よりもGATE70寄りのあたりです。

え~、めっちゃ遠いじゃん!

広い広い香港の空港の端から端まで歩かされます。

ご覧のとおり、先が見えません。

見事なまでの遠近法です!

 

まじで気の遠くなる距離でした。

しかも妊婦を抱えて。

ですが、ここまで来たら歩くしかありません。

セキュリティを抜けてから約1時間、ようやく香港航空ビジネスラウンジに到着です。

 

ちなみにですが、エティハドに乗る時には、ワンワールド系のラウンジは入れません。

キャセイのファーストクラスラウンジは復路までお預けです。

 

この時、既に搭乗の約1時間前です。

予定では、3時間ぐらいビジネスラウンジでまったりしている予定だったのに、、、

なぜこうなったかというと、シャトルトレインに乗ってしまったのが間違いだったのです。

(それと、エティハド航空のカウンターが空いていなかったこと)

 

これは復路で気付いたのですが、シャトルトレインに乗らなくても出発フロアに出れるのです。

そうしたら、ラウンジは目の前だったのです。

香港の空港を使う時には、シャトルトレインに乗った方が良いのかどうか、きちんと確認しましょう!(当たり前か(笑))




3.やっと香港航空ビジネスラウンジ

 

ここからはちゃんとレビューをしなくては。。。

ここまで失敗談ばっかになっていますからね。

 

この香港航空ビジネスラウンジ、結構良かったです!

 

30分もいなかったのですが、その間に夫婦で麺を2杯と点心を食べたのですが、とても美味しかったです。

香港航空のラウンジになかなか入る機会はないかもしれませんが、機会があったら、是非入ってみて下さい。

その際には、シャトルトレインに乗ったらダメですよ(笑)





麺は、いくつも種類があって、オーダーできます。

そして、オーダーすると、そんなに時間がかからずビーコンが鳴って、取りに行くことができました。

(ラウンジ内は大混雑にもかかわらずです。)

 

実際に出て来たものはこんな感じでとても美味しかったです!

香港航空ビジネスラウンジは、なかなか入る機会がないかと思いますが、立ち寄る機会があったら、行ってみる価値があるビジネスラウンジです!

欠点は、スペースが狭いという点ですね。

なので、長居するのには向いていないかもです。





そして、フライトの時間があるので、そそくさと退散、長い長~いコンコースを引き返したのです。

今度は、GATE71まで逆戻りです(泣)

(GATE71に着いた頃には、綺麗な夕焼け模様)

 

結局、この長いコンコースを1往復半も歩いたことになりました(泣)

ですが、これも、エティハドのビジネスクラスの素晴らしさが全て吹き飛ばしてくれたのです!

エティハド航空に乗ることになった経緯はこちらをどうぞ!

 

(途中で抜き去られたエミレーツのCAさん達の写真)